2016年7月アメリカ株買い増しと資産運用状況!

もしこの記事が気に入っていただけましたら、はてなブックマークやfacebookでシェアしていただけると幸いです。ものすごく励みになります!

201605_02

7月のアメリカ株から配当金がはいるかな~と思ってたのですが、なかなか入らないから去年の履歴を見てみると…。

7月は配当がない銘柄ばかり保有していることが判明!ということで7月は無配当というちょっとショボーンな月になりました。

でもここ最近少し円高になってきていたこともあり、久々にアメリカ株を買い増しすることにしました。

2016年7月アメリカ株買い増し

7月に買い増しした銘柄はWFCとGMの2銘柄。買い増し資金は25万円で7月15日のレートが1ドル105.86円。

WFC 25 株 単価47.9ドル  1株辺りの配当金0.38ドル
GM   39 株 単価30.9ドル  1株辺りの配当金0.38ドル

配当金だけ見るとGMのほうが配当利回りよさそうなのでをもっと買い増ししとけばよかったのかな?本当はIBMを購入したかったけど、最近また上がってきてるからちょっと下げた時に押し目買いをしたいなと思って今回は諦めました。

資産運用状況

月末ということもあり、今月はアメリカ株から配当金もなかったのでちょっと今までもってる株や投資信託の運用状況がどうなっているのかみてみたいと思います。どうせ全部マイナスですけどね・・・。

日本株

july01

日本株は短期トレードするのに疲れたので配当金狙いのあまり株価の動きが激しくない銘柄を保有しています。長期保有するにしてももう少し待ってから買ってもよかったのかな。

評価額:858,950円
含み損益:-64,250円
含み損益:-6.96%

アメリカ株

アメリカ株を始めた2015年2月からは119円~124円と今の105円と比べるとかなりの円安。なのでアメリカ株高になっても円ベースでの評価はマイナス。

評価額:2,497,629 円
特定口座評価損益合計:-365,860 円
含み損益:-12.8% 投資元金に対して -10.8%

2016年6月アメリカ株から配当金が出ました!
2016年6月、アメリカ株から配当金がでました。 今月は6月23日の一大イベントでまさかのイギリスがEU離脱の衝撃で先...

投資信託

july02
評価額:1,014,073.63円
含み損益:-50,974.92円
含み損益:-4.79%

セゾン投信

評価額 755,263円
含み損益 -54,737円
含み損益 -6.76%

確定拠出年金

july03

2016年7月から始めたばかりの確定拠出年金。始めたばかりなので手数料が4348円引かれているのと、投資信託が-86円の損失なのでこちらもマイナス。でも確定拠出年金は所得税控除があるのでまだまだ大丈夫です。

SBIの確定拠出年金のポートフォーリオを設定しました!
老後の資金としてだけでなく節税効果も高い確定拠出年金。自分で自分の年金を運用することになるので大切なのがどの商品を選ぶかというポート...

純金積立

31.19479g
7月29日の金の価格は4,884 円

田中貴金属の純金積立が1年経過しました!気になるその経過は?
株や投資信託を始めだして安全資産や分散投資として田中貴金属で純金積立を始めたのが2015年5月。 純金の積み立てを始め...

純金積立だけ積立たお金より金の価格が上がっているので少しプラスになってるけど、株と投資信託が下げてるので全体的に投資した元金に対して-8.8%の損益。

投資を始めてからチャイナショックやマイナス金利と色々結構きつい上げ下げを見てきた2015年夏~2016年。これからなんとか+5%の運用益を出していかないと老後に必要な生活資金に達成しない!!

アラフォー40代前後の独身女性が老後に必要なお金はいくら必要?
私も四捨五入するとアラフォーに入る世代になってきました。独身で生きていてこのくらいの年齢からどんどん心配になってくるのが老後の蓄え。...

今年の配当金予想はアメリカ株が約5.5万円に日本株が約2.7万円。

2015年はアメリカ株が42372円(税抜き前)に日本株が25860円(税抜き前)だったので去年よりは少し増えそうですが、配当金年10万円までまだまだです。

でも先日発表されたアメリカのGDPもあまりよくなかったので、今後も円高、日本株安はつづく可能性も高いですね。ヘタしたらアメリカ株も株安になる可能性もあるので、今後は投資買い増しするのか、現金保有率をもう少し高めたほうがいいのか、慎重に行きたいと思います。

記事の内容は公開時のもので変更されている場合があります。実際にお出かけ前やサービス利用前には公式サイトで確認お願いします!
株式投資や投資信託、金への投資は購入時の価格を下回るリスクがあるので資金管理、リスク管理が大切です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

もしこの記事が気に入っていただけましたら、はてなブックマークやfacebookでシェアしていただけると幸いです。ものすごく励みになります!