2017年6月日本株の住友商事、三井物産、日産から配当金が入りました!

もしこの記事が気に入っていただけましたら、はてなブックマークやfacebookでシェアしていただけると幸いです。ものすごく励みになります!

2017_jp_d

4月のパニック売りで一度に全ての持ち株を手放してしまった日本株。未だに悔やまれる今年一番の失敗(笑

あのまま保有していたら今頃は・・・。なんてタラレバを言ってもしかたないので同じ過ちをなるべく繰り返さないように上手に取引できるようになるしかないですね。

さてそんな4月に売り飛ばしてしまった住友商事と三井物産から中間配当金が入りました♪3月末の権利確定日までは保有しててよかった~。

住友商事

2017_jp_d01

中間配当 年間配当 保有数 配当金額 税金
所得税+住民税
税引後 取得単価 配当利回
25円 50円 300株 7500円 1523円 5977円 1197円 4.17%

配当利回り4%超えってかなりの上物ですよね~!大手商社だしここだけでも残しておけばよかったなぁと反省。

三井物産

2017_jp_d02

中間配当 年間配当 保有数 配当金額 税金
所得税+住民税
税引後 取得単価 配当利回
30円 55円 300株 9000円 1828円 7172円 1311円 4.19%

ここも4%超えの配当金優良銘柄。住友商事より配当利回りよかったのに。

でもここの配当金は2016年まで年間64円で4.88%ともうちょっとで5%に届きそうだったのに私が購入してから2017年度の配当金下げますーって発表があって凹んだ銘柄でもありますね(笑

日産自動車

2017_ju_nd002

中間配当 年間配当 保有数 配当金額 税金
所得税+住民税
税引後 取得単価 配当利回
24円 53円 300株 7200円 1462円 5738円 1128円 4.69%

4月になげ売りしてしまった日産自動車。

結局6月に買戻しました(笑)4月の時よりも若干安く買えているのでヨシとします!

2017年配当金合計(米国株、日本株)

1月 11.74ドル
2月 12.84ドル
3月 148.57ドル+キヤノン5,977円
4月 6.24ドル
5月 13.32ドル
6月 171.54ドル+住友商事5977円+三井物産7172円+日産5738円

合計:364.25ドル+24864円

1ドル111円で計算すると46408+24864=71272円(税抜後)

今年半分で5万円を超えました!もしかして第一目標の配当金年10万円、今年こそ越えることができるような感じがしてきました!!

今年、今の所配当金で取られた税金は6336円+アメリカ株で引かれた税金は国外税金:5654円+国内税金:10329円、譲渡益で取られた税金は14205円。

国内の税金だけで約3万円。

アメリカ株がアメリカと日本で2重に税金がとられている上、日本の方が税率が高い!!!国外税金は確定申告したら外国税額控除を受けられるので自分の所得税が安くなるからいいとして。それにしても日本税金高すぎ!!!

でも今年の配当金と譲渡益にかかった国内税金は2016年の春に出したダブルスコープでの巨額損失(約35万円ほどのマイナス)の繰越控除がまだ使えるので確定申告したらこの税金分も戻ってきます♪

日本株の近況

2017_ju_nd003

6月29日の終値です。6月に買った新規銘柄、引き続き絶不調です(笑)

アクシーズは伸びると思ったんだけどなぁ~。上がるまでもうちょっと時間かかるかなー?どちらにしても買うタイミング間違えたました・・・。サニーサイドも優待狙いの人こんなにいたんだ・・・とビックリ。

それだけに懲りず、つい最近ずーーーっとチャートを眺めて気になっていた成長株(予定)の東計電算【4746】と新しいチャート分析方法で見つけたARM【8769】を買い増ししました。

東計電算はPERが低くてROAが高く、毎年の売上予想も順調に伸びてたし、キャッシュフローもいい感じだったので成長株と予測して購入しました。短期的には高値を掴まされた感じかな?

ARMは52週上場来の高値更新銘柄でチャートの形も良く、売上予想も順調でPERは高かったのですがキャッシュフローも良い感じだったので購入しました。

とりあえずARMはプラスだけどやっぱりファンダメンタル分析重視よりテクニカル分析からのファンダメンタル分析で買う方が今のところ利益が出やすいというのが自分のスタイルなのかなぁと思ってきました。

ひふみ投信ってどこで買える?実際に購入してみました!【購入方法】
2014年に投資信託を始めてみようと猛勉強をしてたときに見つけた「ひふみ投信」。 その当時は信託報酬の高さから購入を見...

記事の内容は公開時のもので変更されている場合があります。実際にお出かけ前やサービス利用前には公式サイトで確認お願いします!株式投資や投資信託、金への投資は購入時の価格を下回るリスクがあるので資金管理、リスク管理が大切です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

もしこの記事が気に入っていただけましたら、はてなブックマークやfacebookでシェアしていただけると幸いです。ものすごく励みになります!