嵐山の穴場絶景スポット大悲閣千光寺へ行って来ました!【前編】

もしこの記事が気に入っていただけましたら、はてなブックマークやfacebookでシェアしていただけると幸いです。ものすごく励みになります!

ara_se15

新緑が美しい季節に嵐山の穴場にある絶景スポットへ観光に行って来ました!

その穴場の絶景スポットは「大悲閣千光寺」。大悲閣千光寺は渡月橋から桂川の西側を約1.5キロほど行き、200段ほどある階段を登った先にあるお寺です。

渡月橋からは歩いて約15分。桜の季節や紅葉の季節だとさらに絶景を楽しむことができます。この大悲閣千光寺からは保津川や大文字山を見ることが出来、なんといってもあまり人がいなくて穴場感が最高です!

渡月橋近くの穴場カフェ

ara_se01

大悲閣千光寺へのアクセスは阪急嵐山駅からの方が近くて便利。お昼少し前に嵐山に着いたので絶景を見る前にランチを先に食べて上り坂に備えます。

京都でも屈指の人気を誇る観光地「嵐山」。そんな嵐山に週末に行ったのでお店はランチ時はどこも混みあうもの。でも今回以前に見つけていた穴場のカフェで待つことなくゆっくりとヘルシーランチを楽しむことができました。

ここ駅や渡月橋から近いのにそんなに混雑していないので穴場カフェでおすすめです。

この日のランチは「赤かぶらのフライ 甘酒ネギソース」か「蒸し塩麹鶏と葉付玉ネギ白味噌ソース」。どちらも1000円でご飯が五穀米か玄米から選べ、味噌汁・小鉢2品・自家製ぬか漬けがついてきます。

ara_se02

蒸し塩麹鶏と葉付玉ネギ白味噌ソースを選びました。鶏肉はムネニクでとってもやわらかく塩麹がちょうどいい塩加減でヘルシーで美味しかったです!

京都らしくお豆腐を使ったケーキもあるのでカフェにもおすすめです。

musubi cafe
京都府京都市西京区嵐山西一川町1−8
http://www.musubi-cafe.jp/

大悲閣 千光寺へのアクセス

いよいよ千光寺を目指します!

ara_se03
渡月橋を渡らず手前の西側の道を進みます。この石が目印です。

ara_se04

右手には星のやの渡し舟が見えます。一度星のや京都に泊まってみたいな~!

ara_se05

先を進むと人も少なくなってきます。

ara_se06

カエデの新緑がキレイですね。紅葉の季節はこれが赤や黄色に紅葉しまた美しい景色を楽しめます。

ara_se07

道も次第に細くなっていきます。時々自転車とすれ違ったので駅でレンタサイクルしてもよかったかな。

ara_se08

この看板まで来たら大体半分。なぜ英語ばかりなのだろう・・とちょっと不思議。

ara_se09

いよいよ上り坂が始まります。

ara_se10

川下りや屋形船が見えます。川の色がエメラルドグリーンできれい!手前の船は対岸への渡し舟。これは帰りに使うので後編で紹介!先を急ぎます。

ara_se11

ここまでくれば後は200段の階段を登るだけ。(この階段が一番しんどいです)

ara_se12

矢印通りに左へ。

ara_se13

手前の小屋は昔拝観料を納めた場所なのでしょうか?

ara_se14

この曲がり坂が一番きつかったです。でもこのカーブを曲がって少し登った先がゴールです!もうちょっとです。

ara_se15

門をくぐり階段を登った先が千光寺!

ara_se16

ここで拝観料400円を納めます。

ara_se17

お抹茶もありました。ほんとにのどかでいい所です。

ara_se19

ここから絶景を見ることができます。さすがに登ってくると汗を少しかきますが、ここで爽やかな風にあたり、景色を眺め鳥のさえずりやトロッコ列車の音を聞きながら遠くを眺めていると癒されますね。

ara_se18

新緑が美しい!あと驚いたのが日本人よりも外国人の観光客に人気のようです。この隠れた穴場の絶景が楽しめる大悲閣 千光寺、おすすめです!

大悲閣 千光寺
京都府京都市西京区嵐山中尾下町62
http://daihikaku.jp/

桜の見頃時期に京都清水寺・高台寺へお花見へ行ってきました【前編】
2016年4月6日、桜が見頃の京都へお花見に行ってきました。 今回のエリアは京都観光の中でも1・2を争う人気のスポット...
記事の内容は公開時のもので変更されている場合があります。実際にお出かけ前やサービス利用前には公式サイトで確認お願いします!
株式投資や投資信託、金への投資は購入時の価格を下回るリスクがあるので資金管理、リスク管理が大切です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

もしこの記事が気に入っていただけましたら、はてなブックマークやfacebookでシェアしていただけると幸いです。ものすごく励みになります!