株初心者におすすめのネット取引証券口座ベスト3!

もしこの記事が気に入っていただけましたら、はてなブックマークやfacebookでシェアしていただけると幸いです。ものすごく励みになります!

kouza01

株式投資を始めるには先ず証券会社の口座を開設する必要があります。

私も初めて株を買ってみようと思った時、実際にどの証券会社がいいのかと色々と探してみました。この時に悩みは「どの証券口座を選んだら手数料が安くていいのかな?」「どこの証券口座が初心者にも使いやすくていいのかな?」と色々とありました。

証券会社といっても野村證券や大和証券などの総合証券会社とSBI証券や楽天証券などのネット証券会社があります。

ネット証券の良いところはなんといっても手数料の安さに口座管理料がかからないこと。でも全て一人でするので不安も出てきます。総合証券のいい所は証券会社の人に色々相談できるし頼めば購入してくれるし不安が少なく何かと便利。でも手数料がものすごく高い。

ネット証券会社 vs 総合証券会社

でも最初から考えていたのはネットの証券口座。野村証券や大和証券などの大手で店舗がある総合証券会社が初心者にも安心感がありいいのかなと思ってたのですが、手数料がものすごく高い・・。お店で売買を頼むと大和証券だと最低手数料が2700円、ネット取引でも最低手数料が1080円とやぱり高い!

それに比べてネット証券会社は大手証券会社と比べても手数料が半分以下。ネットだとSBI証券、楽天証券、松井証券、マネックス証券、GMOクリック証券と色々あります。

この中でも手数料が割高な所や割安な所と各社色々違うので売買を繰り返えしていると結構な金額の差になってきますよね。

ネット証券会社の手数料表

株式売買手数料
証券会社 10万円以下 20万円以下 30万円以下 50万円以下 100万円以下
マネックス証券 100円 180円 250円 450円 (成行注文)1,000円
(指値注文)1,500円
楽天証券 139円 185円 341円円 341円 609円
松井証券 無料 300円 300円 500円 1000円
SBI証券 139円 185円 272円 272円 487円
GMOクリック証券(税込) 105円 260円 260円 260円 470円

*2015年12月の手数料です。最新は各証券会社のものを参照してください。税込・税抜それぞれ証券会社によって表示が別なのでこのあたりも要チェック。

目的別初心者におすすめの証券口座

株式投資を始めて1年が経ちますが、やはり実際にトレードをしてみないとそれぞれのメリット・デメリットが分かりにくいですね。

トレードにも自分の性格やクセなどもあるし、また取り扱う金額も人それぞれ。証券口座は開設するだけだと費用もかからないのでメインの証券口座を決めてもサブ口座をもっておくのもおすすめです。

複数の証券口座を目的別に使い分けすることもできます。ここでは実際に私が使っている証券口座をご紹介したいと思います。証券会社ごとにツールやサービスも違うので色々もっててもいいと思います。

SBI証券

kouza02

証券口座開設数No.1の人気のネット証券会社。私の日本株メインの証券口座でもあり決め手はやはり口座開設数の多さですね。私が主にトレードする金額は20万~100万以下の銘柄ばかり。

まだ初心者なので一階のトレードで100万を越えたことはありません。でも流石に10万以下の取引だと値動きの幅も少なくあまりプラスになりにくいので50万以下、100万以下の手数料の安さと口座開設数の多さで一番最初に開設しました。

SBI証券口座を開設する

マネックス証券

kouza03

この証券会社は米国株の取引をするためだけに開設しました。アメリカ株を取り扱っているのはSBI証券、楽天証券、マネックス証券の3つなのですがこの中でもマネックスが取り扱い銘柄が2800銘柄と業界最多。しかも手数料が前者2社は25ドルなのに対し、マネックスは最低手数料5ドルから、上限でも20ドルと少しずつ買い増ししていくなら1/5の手数料なので断然オトク。

またマネックス証券口座をもってると株初心者向けのオンラインセミナーなども行われているので情報収集の為に口座をもっておくのもいいかもです。

マネックス証券口座を開設する

楽天証券

kouza04

3つある証券口座の中で一番最後に開いたのが楽天証券。ここは取引ツールのマーケットスピードが使いやすいと個人投資家さんから色々いい評価があったので開設してみました。
また平均足が見れたのもこのマーケットスピード。

さらに情報収集としてものすごいのが日経テレコン21!日本経済新聞や日経MJなどの閲覧が出来るので持ってて損はないですね。マーケットスピードは最初の3ヶ月は無料ですそれ以降は条件が揃えば無料でも使えるのでおすすめです。

楽天証券口座を開設する


記事の内容は公開時のもので変更されている場合があります。実際にお出かけ前やサービス利用前には公式サイトで確認お願いします!株式投資や投資信託、金への投資は購入時の価格を下回るリスクがあるので資金管理、リスク管理が大切です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

もしこの記事が気に入っていただけましたら、はてなブックマークやfacebookでシェアしていただけると幸いです。ものすごく励みになります!