クラウドクレジットから分配金が入りました!【運用期間2017年6月~12月】

もしこの記事が気に入っていただけましたら、はてなブックマークやfacebookでシェアしていただけると幸いです。ものすごく励みになります!

ソーシャルレンディングのクラウドクレジットから2回目の分配金が入りました!

前回の分配金は2017年11月に入金があり、この時は為替ヘッジなしにしていたのでユーロ円が円安に動いたのでかなりの利益がありました。

【関連】2017年11月クラウドクレジットから分配金が入りました! 

でも投資金額1万円だけだったのがちょっと残念。利回りはかなりよかったのに!

2017年1月に入金があった案件も1ヶ月か2ヶ月後に投資した案件で期待利回りは8%。前回の10%に比べると低いけど投資金額が3倍だからそこそこ入ってくるだろうと期待していたら・・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク

投資案件「東欧金融事業者支援ファンド21号」の分配金

運用期間:2017年6月5日から2017年12月25日
案件:【為替ヘッジあり】東欧金融事業者支援ファンド21号
実現利回り:8.3%
募集時期待利回り:8.0%
出資金:3万円
分配金:1408円
源泉徴収税:287円
税抜き分配金:1121円
運用期間中実質利回り:4.69% (203日)

前回の分配金は1万円に対して2096円と20.96%の利回りだったのに今回は3万円に対して1408円と4.69%。

でも分配金レポートを良く読んでみると8.3%となってるから計算が合わないなぁ。。って思ってクラウドクレジットに問合せしてみたら以下の回答がありました。

分配金でございますが、今回は期間が2017/6~2017/12のため、
その期間分の利回りとなります。

そのため、期間/1年分で計算していただければ、今回の分配金の
計算になるかと存じます。

そういうことか~~!納得。

そういえば前回の分配金レポートもよく計算してみると私のファンドの実現利回り43.1%、約半年ほどの運用期間だったので分配金利回りも20.96%と計算も合いますね。

利回りって年利の表示みたいで運用期間中の利回りという計算ではなかったみたいです。

てっきり7ヶ月ほどの運用期間で8%の利回りかと思ったら期待利回りは1年間の利回りでそれを運用日で計算しなおす必要があります。

今のところ貸し倒れのリスクもなく分配金もちゃんと入ってきてます。為替のリスクで元本割れする案件もあるから為替の長期的な動きも見ながら為替ヘッジあり、なしの商品を選ぶようにする必要がありますね。

クラウドクレジットの口座開設はこちら

【関連記事】
クラウドクレジットの口座開設方法!ソーシャルレンディングを始めてみました!
ひふみ投信ってどこで買える?実際に購入してみました!【購入方法】
セゾン投信のほったらかし積立が3年経過した運用成績結果は?


記事の内容は公開時のもので変更されている場合があります。実際にお出かけ前やサービス利用前には公式サイトで確認お願いします!株式投資や投資信託、金への投資は購入時の価格を下回るリスクがあるので資金管理、リスク管理が大切です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

もしこの記事が気に入っていただけましたら、はてなブックマークやfacebookでシェアしていただけると幸いです。ものすごく励みになります!