夫婦の生活費、老後の蓄えはいくら必要か?色々調べてみました!

もしこの記事が気に入っていただけましたら、はてなブックマークやfacebookでシェアしていただけると幸いです。ものすごく励みになります!

ko_ne

前回一人暮らしの老後に必要な生活費をシュミレーションしてみた記事を書いたのですが、夫婦の場合はどうなるのかな?と思い、またまた色々リサーチしてまとめてみることにしました。

一人暮らしの老後の生活費をシュミレーションしてみました!
老後のシングルの一人暮らしの生活費を色々なデータからシュミレーションしてみました。 生活費の平均金額は総務省統計局のサ...

今後もらえる年金は減るだろうし、これら増税も色々増えてくるだろうし老後の心配はつきません。なので早め早めの対処が大切になってくるのかな?と思います。

もらえる年金は?

ro_se01

さて気になる夫婦の老後の年金ですが、これは働いていた人の収入や厚生年金保険に加入していた期間にもよるので人によりバラツキはでてくるのですが、厚生労働省の白書、年次報告書によると平成27年(2015年)の厚生年金受給額の平均的な収入の夫婦の年金は221507円。

この数字は旦那さんは40年企業に勤め厚生年金を払い、奥さんは専業主婦の場合のモデルパターンですね。

厚生年金受給額:平成27年:221,507円

厚生年金のだいたいの計算は
厚生年金の計算式:年収÷12×5.769/1000×加入期間 (平成15年4月以降)
なので大体生涯平均年収を450万として40年間企業に勤めた場合

450万÷12×5.769/1000×480ヶ月=1038420円(年間)

平成28年4月からの国民年金の満額は年780,100円なので、さきほどの厚生年金に国民年金2人分を足したら

1038420円+780,100円×2人=2598620円(年間)÷12ヶ月=216551円(1ヶ月)
となるので大体平均年収が450万~460万辺りなら月に22万ほどの年金が出る計算になります。

老後の夫婦の生活費平均金額

fu_ne001

そして次に見たいのが老後の夫婦に必要な生活費。これも総務省統計局のサイトに2人以上の世帯の家計収支があったのでそれを参考にしたいと思います。

家計調査報告(家計収支編)―平成27年(2015年)平均速報結果の概況―

世帯属性別の家計収支(二人以上の世帯)

60~69歳の世帯は289,289円,
70歳以上の世帯は239,454円

PDFの表の中に65歳以上の平均があったのでそれを参考にしたいと思います。

65歳以上の世帯253,786円。

65歳以上の生活費の内訳

食料 68,405
住居 16,613
光熱・水道 22,957
家具・家事用品 9,953
被服及び履物 8,058
保険医療 15,057
交通・通信 28,838
教育 625
教養娯楽 25,527
その他消費支出 57,752
消費支出 (合計) 253,786

老後の蓄えはいくら必要か?

money

厚生年金受給額:平成27年:221,507円
65歳以上の世帯消費支出 :253,786円

上記の結果を見てみると年金が約22万で支出が約25万なので月々約3万円ほど足りない感じですね。でもこの総務省統計局のサイト見てみて前も腑に落ちなかったのが住居費。持ち家の人の方が多いのかな?

仮に持ち家があったとして、平均年収で40年働いた場合月々3万円足りないので65歳から90歳まで生きたとして25年。

3万×12ヶ月×25年=900万円

でもこれは65歳からの生活費への蓄えなので、仮に60歳で定年で仕事を辞めたとしたら65歳まで

25万×12ヶ月×5年=1500万円

必要になってくるので最低でも2400万円の生活費が必要になりそうですね。でも今後厚生年金も減るだろうし、増税も増えてくるだろうし、病院代も増えるだろうしと色々出費も増えると思うのでこれ以上の蓄えは必要ですね。

これがもし夫婦とも自営業で国民年金しか払ってなかったら満額で約78万の年金しかでないので夫婦でも156万円。月にすると13万円。

平均生活費25万-年金13万=12万円の赤字。

12万×12ヶ月×25年=3600万+1500万(60歳~65歳までの生活費)=5100万円

だいたい5000万円の蓄えが必要になってくる計算になります。でもこれはインフレが起こらない、年金減額ではないといった現在の状況での金額なのでこれ以上蓄えておいたほうが無難ですね。

自分作る年金「確定拠出年金」

kaku_port

サラリーマンも自営業もはいっておかなきゃ損なのが確定拠出年金。サラリーマンは月23000円、自営業は68000円まで掛けることができ、この掛金の全額が所得控除対象になるので節税効果がものすごくいいんです。

例えば所得税が10%の人だと満額掛けると年27600円お金が戻ってきます。住民税も対象なので合わせて55200円。

確定拠出年金を始めるには金融機関で申込をしないといけないのですが、各金融機関では手数料が違ってきて、その中でも手数料が安くておすすめなのがSBI証券。

資料請求だけなら無料なのでいろんな金融機関から資料集めて比較してみるのもおすすめです。
SBI証券 確定拠出年金積立プラン(個人型401K)

個人型確定拠出年金のメリット・デメリットまとめてみました。
最近のGPIFの損失額を見たりしていると本当に私たちが老後を迎える時に年金は支払われるのかどうか・・・とものすごく不安になってきつつ...
個人型確定拠出年金をおすすめする4つの理由!
企業年金に入っていない会社員や自営業の人が入れる個人型の確定拠出年金。401kやDCともよばれています。 先日法改正が...
記事の内容は公開時のもので変更されている場合があります。実際にお出かけ前やサービス利用前には公式サイトで確認お願いします!
株式投資や投資信託、金への投資は購入時の価格を下回るリスクがあるので資金管理、リスク管理が大切です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

もしこの記事が気に入っていただけましたら、はてなブックマークやfacebookでシェアしていただけると幸いです。ものすごく励みになります!