ひふみプラスをSBI証券のNISAで買い増ししました!【2018年前半】

もしこの記事が気に入っていただけましたら、はてなブックマークやfacebookでシェアしていただけると幸いです。ものすごく励みになります!

2017年絶好調だったひふみプラス。

元々SBI証券でNISA口座を開設していたのでそのままSBIでひふみプラスを買うことにしました。

最近投資商品をスポット購入するといったらひふみ投信かひふみプラスしか買ってないんじゃないかな?ってくらいひふみ好きです(笑)

でもそろそろ本格的にEFTも始めようと思ってます。

関連:VOOバンガードS&P500ETFの配当金が入りました!【2017年12月分】

今回の記事ではSBI証券でのひふみプラスの買い方もご紹介しているのであわせて参考にしていてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ひふみプラスをSBI証券のNISAで買い増し【2018年前半】

2017年度のNISA枠は満額の120万円分購入したので2018年度も満額買う予定です。

でも一度に120万円分買うのは怖いからとりあえず半分の60万円分を2018年度のNISA枠で買いました。

NISAで同じ銘柄を続けて買うのは初めてだったので口座画面はどういうふうになるのかちょっと不思議だったんですけど年度ごとに分けての表示じゃなくてそのまままとめての表示でした。

2017年度NISA枠分、2018年度NISA枠分って分けてくれたら分かりやすくていいのになぁ。

利益が+19%で金額にして約35万円増えてます♪

2017年に120万、2018年に今のところ60万で合計180万。

合計180万が約215万まで増えました!

このまま老後を迎える20~30年後まで順調に上がっていって欲しいですね。

SBI証券で口座開設するならこちらをクリック

SBI証券

ひふみ投信とプラスの違い

ひふみ投信には「ひふみ投信」「ひふみプラス」「ひふみ年金」と3種類の投資商品があります。

ひふみ投信は直販、ひふみプラスは証券会社や銀行を通して、ひふみ年金はiDeCoとそれぞれ買える場所が違います。

あと信託報酬と買付手数料も違います。

信託報酬 信託報酬 買付手数料
ひふみ投信 1.0584%(税込)
保有期間5年~10年:0.8584%(税込)
保有期間10年~:0.6584%(税込)
無料
ひふみプラス 1.0584%(税込)
500億円を超える部分:0.9504%(税込)
1000億円を超える部分:0.8424%(税込)
上限3.24%で販売会社による
ひふみ年金 0.8208%(税込) 販売会社による

ひふみ投信は保有期間が長ければ長いほど信託報酬が低くなります。

ひふみプラスは純資産総額に対して信託報酬がかわります。ひふみプラスの現段階(2018年1月下旬)の純資産は530,703百万円なので1000億超えてますね。

買う時の手数料なんですけどSBI証券だと手数料無料だからひふみプラスもひふみ年金も無料で買っています。

ひふみプラス購入方法

SBI証券でのひふみプラスの購入方法をご紹介したいと思います。

トップページの検索ボックスから「ひふみ」と入力して検索します。

検索画面に出てきた「レオス ひふみプラス」をクリックします。

金額で買う場合は「金額買付」、何口で買う場合は「口数買付」、積立の場合は「積立買付」、つみたてNISAにするなら「つみたてNISA買付」で買うことができます。

私はひふみプラスはNISAで買ってるのでいつも金額買付です。

特定預かりか、NISA預かりを選び、購入する金額を入力してパスワードを入れて注文画面へ。

購入金額に間違いがなければ注文発注します。これだけで買えます。

SBI証券で口座開設するならこちらをクリック

ひふみ系の投資信託はひふみ直販、証券会社、確定拠出年金と3つの方法で買うことができます。

長期でひふみを保有するなら直販で買うのがおすすめ。ひふみ直販での口座開設の方法はこちらの記事を参考にしてみてくださいね。

関連:ひふみ投信ってどこで買える?実際に購入してみました!【購入方法】 


記事の内容は公開時のもので変更されている場合があります。実際にお出かけ前やサービス利用前には公式サイトで確認お願いします!株式投資や投資信託、金への投資は購入時の価格を下回るリスクがあるので資金管理、リスク管理が大切です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

もしこの記事が気に入っていただけましたら、はてなブックマークやfacebookでシェアしていただけると幸いです。ものすごく励みになります!