淡路島の高級リゾートホテル「ホテルアナガ」に泊まってきたよ!【口コミ】

もしこの記事が気に入っていただけましたら、はてなブックマークやfacebookでシェアしていただけると幸いです。ものすごく励みになります!

大阪から気軽に行くことが出来る関西の離島「淡路島」へ行ってきました。今回の宿泊先は南淡路の福良にあるホテルアナガ。

部屋には時計もなく鳴門大橋を眺めることが出来き、ゆったりとした時間を過ごすことができる大人のリゾートホテル♪

夏が人気みたいで冬になると混雑も減るから行く時はシーズンオフに行きます。そのほうが安いしね。冬はみんな温泉がある旅館やホテルに行くのもあると思います。

そうなんです、ホテルアナガには温泉がありません。温泉に入りたいときは近くの日帰り温泉にいくのもいいですね。

ラウンジでカフェタイム

今回チェックイン前と早く着いたのでラウンジでゆっくりしてみました。

ホテルラウンジにしてはアフタヌーンティーセットで1900円はリッツとかと比べるとリーズナブルですね。でもそれでも高かったから一番安いスコーンセットで(笑

今年の夏にイギリスで本場のスコーンを食べたばかりだからワクワク。注文を受けてから焼くので15分ほどかかります。焼きたてのスコーンは熱々でいい香りが漂いますね。ホイップクリームと特製ジャムで♪クロテッドクリームはなかったのが残念~!

ホテルアナガのスーペリアツイン

3人での宿泊なのでエキストラベッド入りです。それでも広々としてますね。

部屋からは鳴門大橋が見えます。もうちょっとアングル右に寄ればよかったですね。天気が良い日はここからの眺めはホント絶景!テラス席でゆっくりお茶もいい感じです。

コーヒーとかはなくお茶でほっこり。お水も人数分無料であります。冷蔵庫の中のドリンクは基本全部無料なのがうれしいですね~。

アメニティはフランスのアメニティ「THEMAE」。香りは良いし髪の毛サラサラになるからお気に入りのアメニティです!

ホテルアナガのバスルームはトイレと浴室が別々だからうれしいですね。そういえばウェスティンも別々ですよね。

夕食は日本料理「阿那賀」にて

ミシュランガイド 兵庫 2016 特別版にも掲載されたホテルアナガの日本料理「阿那賀」。会席は3種類あって一番安いプランです。一番高いのは伊勢海老や淡路牛ステーキとかありましたよ。

先付:胡麻豆腐 雲丹添え。ゴマの味がしっかりした優しいお味の胡麻豆腐。

吸物:黄金鱧真丈。和食の基本、出汁がものすごく美味しいです。ホント、ダシ最高。

造り:本日のおすすめ四種。淡路だからやっぱりお魚美味しいですね~!!!ホント、淡路お刺身とか最高に美味しいんです。

焼物:かます朴葉包み焼き

開けてみたら松茸もはいってました~♪ちゃんと香りもしてる♪スダチであっさりと。

揚物:足赤海老カダイフ揚げ 穴子黄身衣揚げ。サックサクのカダイフ揚げ。フレンチの手法だからお塩にもトリュフがはいってました♪

留肴:炙りヒラメ秋野菜添え。炙ってるから香ばしくて、肉厚なヒラメ。ポン酢であっさりと。

食事:釜揚げしらすご飯、香の物、赤出汁。土鍋で出てくるご飯はボリュームも大!食べきれない場合はおにぎりにしてくれるから夜食に頂けます。

甘味:栗羊羹、旬の果物。

最後の最後まで美味しく頂くことができました。やっぱアナガの食事は美味しいなぁ。朝食はまた次ぎの記事にて!

ホテルアナガを予約する時は一休.comとか最安値が探せるトリバゴとかもおすすめです。


記事の内容は公開時のもので変更されている場合があります。実際にお出かけ前やサービス利用前には公式サイトで確認お願いします!株式投資や投資信託、金への投資は購入時の価格を下回るリスクがあるので資金管理、リスク管理が大切です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

もしこの記事が気に入っていただけましたら、はてなブックマークやfacebookでシェアしていただけると幸いです。ものすごく励みになります!