個人型確定確定拠出年金イデコがSBI証券だと手数料無料に!実際の運用記録と受給額シミュレーション!

もしこの記事が気に入っていただけましたら、はてなブックマークやfacebookでシェアしていただけると幸いです。ものすごく励みになります!

ro_mo06

4月の上旬頃にSBI証券の個人型確定拠出年金からお知らせ封筒が届いてました。いつもはネットの管理画面で運用成績を見ているのですが、年度末までの運用成績を紙にして送ってくれるんですね。

2016年の7月から加入している個人型確定拠出年金のiDeCo(イデコ)。SBI証券では2016年の9月から加入時・移換時手数料と口座管理手数料の無料キャンペーンが行われていて、あと2ヶ月遅く加入していたら1080円と毎月の324円が無料だったのに・・・。

id_sb_u07

と悔やんでいたらなんと2017年5 月19日から加入時・移換時手数料と口座管理手数料が年金資産残高に関わらず無料に!!

SBI証券のイデコは確か8日頃に買付だったと思うので私の場合だと6月分から口座管理手数料が無料になる計算!(私が間違ってなければ)

加入からだいたい22ヵ月後(毎月2万3千円を拠出して資産残高50万円に達する頃)に口座管理手数料が無料になる予定だったのですが、13ヶ月分得することに♪

324円×13ヶ月=4212円

と4200円分多く投資信託を買うことができます!

SBI証券のイデコ、実際の運用成績

id_sb_u02

4月に3月末までの運用成績がまとめられた書類が送られてきます。

id_sb_u03

2016年7月から2017年3月までの成績は

資産残高:209735円
掛金額:198724円
損益額:11011円
手数料:8276円

損益額から手数料を引くので実際の損益は2735円。手数料を引いてもまだプラス。

でもこれがキャンペーン中に入ってたら引かれるのは加入時の国民年金基金連合会2880円と毎月の資産管理機関 64円、国民年金基金連合会 103円のみなので2880円+(64円+103円)×7=4049円。

手数料の約半分は余分に投資信託多く買えてた~~!

id_sb_u06

こう考えると加入時に払う手数料と毎月の口座管理手数料324円って大きいですね。

受給額シュミレーション

id_sb_u04

資産残高シミュレーションも書類内に掲載されています。

運用利回りがそれぞれ0%、1%、3%、5%で運用した際の60歳になった時の資産残高、つまり受け取れる金額なので受給額ですね。

0%:5614735円
1%:6222894円
3%:7720259円
5%:9702912円

私の場合60歳まで毎月23000円を拠出すると拠出金額は約560万。3%での運用はおそらく可能だと思うので約770万は老後の資金として用意できるかなぁ。3%での運用だったら受取時にも税金はかかってこないですね。

退職金控除が使えるので私の場合21年運用予定なので

40万×20年+(21年ー20年×70万)=870万

870万円以内なら私の場合だと税金がかかりません。でも投資家としては5%の約970万は行って欲しいなぁ。

そしてもう一つ美味しいのが税控除。毎年所得税と住民税が約5万5千円ほど節税できるので20年で110万円は得する計算です。60歳まで毎月2万3千円拠出し続けたらの場合ですけどね。拠出額は途中で変更できるので、確定拠出年金まだ始めてないなら始めたほうがお得ですよー!

SBI証券 確定拠出年金積立プラン(個人型401K)の資料請求はこちら

SBIの個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)のポートフォリオにひふみ年金を追加しました!
自分で作る個人年金の個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)のポートフォリオの掛金の分配割合を変更しました。 変更したの...
ひふみ投信ってどこで買える?実際に購入してみました!【購入方法】
2014年に投資信託を始めてみようと猛勉強をしてたときに見つけた「ひふみ投信」。 その当時は信託報酬の高さから購入を見...




記事の内容は公開時のもので変更されている場合があります。実際にお出かけ前やサービス利用前には公式サイトで確認お願いします!
株式投資や投資信託、金への投資は購入時の価格を下回るリスクがあるので資金管理、リスク管理が大切です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

もしこの記事が気に入っていただけましたら、はてなブックマークやfacebookでシェアしていただけると幸いです。ものすごく励みになります!