40代からの個人年金シュミレーションを色々比較してみました!【お一人様女子の老後準備編】

もしこの記事が気に入っていただけましたら、はてなブックマークやfacebookでシェアしていただけると幸いです。ものすごく励みになります!

ko_s_00

私が個人年金保険を始めようと思ったのが2016年の2月頃。2014年の年末から投資信託と株式投資を始めたのですが、2015年のチャイナショック以降株価が右肩下がりだったので投資信託もマイナスで株式投資もしばらく様子見で売買していませんでした。

そんな時に襲ってきたのがまたまた老後の資金不安。年金加入記録を見て将来自分がもらえるであろう年金を計算するとあまりの少なさに凹んでた時に年金年金って考えてた頃でもありました。

国民年金はちゃんと加入漏れもないんですが、厚生年金が少なすぎてこのまま定年まで働いたとしてもスズメの涙。給与が低いから掛金も低く支給額も低い。当たり前ですね。

ro_mo01

そんな当時2016年前半の私はなんとしてでも月々の年金受給額を上げないと!!とやっきになってました。そんな時に色々見てたのが個人年金保険。そして加入したのがマニュライフ生命の個人年金保険。加入して1年経ったので運用表を見ながら他の保険とも比較してちょっと見てみたいと思います。

外貨建て個人年金 vs 円建て個人年金

ko_s_03

個人年金保険には米ドルなどの外貨で運用するものと日本円で運用する商品があって、当時の私は日本円は将来価値が下がっているだろうと思ってたし(将来円安になるだろうなって今でも思ってます)、円だけの資産はリスクが高かったので米ドルの外貨で運用できる個人年金保険を探していました。

そこで見つけたのがカナダの会社のマニュライフ生命の個人年金保険。今年の8月に加入1年が経過したので運用レポートが送られてきました。

その結果と2016年加入前に作られたシミュレーション資料、そして気になる日本円の個人年金保険と比較してみたいと思います。

今回比較する日本の生命保険会社は明治安田生命で商品は「年金かけはし」。

ko_s_01

去年の春ではまだまだ他にもいい商品あったんですけどマイナス金利の影響で他の商品がなくなってしまってたので明治安田の年金かけはしで比較してみたいと思います。

保険料月々 払込保険料累計額 年金受取累計額 年金受取率 据置期間
年金かけはし 2万円 480万(20年間) 498万 103.8% 5年
マニュライフ その① 2万円 504万(21年間) 59200ドル 119.20%
マニュライフ その②
10年で払込停止、運用のみの場合
2万円 240万(10年間) 27953ドル 118.% 10年

ko_s_07

契約した去年は101円と円高だったのでその計算のまま2.3%で運用した場合のシミュレーションなので外貨建ての保険の場合トータルリターンの119.20%もあんまり参考にならないですね。なので微妙?

ko_s_08

でもマニュライフ生命のいい所は10年過ぎたら払込停止や月々の掛金を減らすことができたり、払込停止してそのまま運用だけしておくことも出来るので10年経ったら払込停止にしようと思います。

あと年金開始は60歳からではなく最長80歳まで繰り下げることができるのでこれもその時の為替を見ながらかな?保険料払込期間10年の平均為替を110円と予測して、25年後に115円とかならうれしいかな。

実際1年経過してみて

ko_s_05

払込保険料累計額:24万円
保険振込累計(米ドル):2186.93ドル
シミュレーション時保険振込累計:2364.96ドル

この時1ドル101円だったからそのレートで計算してるからこの辺りが外貨建て個人年金のちょっとトリッキーなところ。

積立金額:1088.06ドル

この保険は10年以内に解約すると必ず損をする保険。介護保険控除を受けるために入ったメットライフ生命の保険も基本そうですね。というか個人年金保険って基本そんな感じですよね。

積立利率

ko_s_04

2016/8 2016/9 2016/10 2016/11 2016/12 2017/1
2.3% 2.3% 2.3% 2.29% 2.30% 2.38%
2017/2 2017/3 2017/4 2017/5 2017/6 2017/7
2.44% 2.49% 2.52% 2.54% 2.54% 2.53%

積立利率はまぁまぁいい方なので10年で払い済みにしてその後は運用に回したいと思います!

投資信託、確定拠出年金と比較

mo

月々 元金 年利 20年運用 トータルリターン
年金かけはし 2万 480万 498万
14万(生命保険控除)
103.8%
(106%)
投資信託 2万 480万 3% 600万 125%
確定拠出年金 2万 480万 3% 645万円+
96万(所得控除)
134%
(154%)

括弧のリターンは控除を含んだ場合の計算です。

ko_s_02

あと投資信託と確定拠出年金の差は確定拠出年金の場合は運用益が非課税で再投資されるのでそれだけ増えやすいメリットがありますね。そして所得控除と合わせるとかなりのトータルリターンに。

こうやって見てみると生命保険控除が使えるとはいえ保険料は最小限がいいのかも。と考えると個人年金は月々1万円でよかったかなぁ。。。ちょっとここまで計算してなかった1年前の自分が悪いですね。

でも外貨資産をもっておくというポイントが今回は大切だったのでインフレ対策にはなると思います!逆にインフレに対応できない日本円での個人年金保険は私的にはあんまり魅力を感じないかなぁ。。

最後に

ko_ne

こうやって客観的に数字で出してみると、一番効率がいいのは投資信託で運用する確定拠出年金なんだなぁって思いました。でも投資信託は元本割れのリスクはあります。

私が加入しているSBIの確定拠出年金には今投資信託で人気の「ひふみプラス」も商品にはいってるので所得税、住民税払ってる人なら確定拠出年金は是非入っておきたいおすすめの老後の資金運用法です!

SBI証券 確定拠出年金iDeCo(イデコ)の資料請求はこちら

今後の日本は公的年金をあてにしてたら私みたいな会社の給与が低いお一人様女子の場合、老齢年金は生活保護よりも低い可能性大。

実際年金定期便を見てたらヤバイし。私の場合最初に勤めた会社がブラックだったこともあり国民年金しか入ってない期間が長かったってのもありますね。

マイナス金利の今、元本割れのしない保険で資産を増やそうとしてもこれからは厳しいなぁ。。って思うんですよね。(素人の意見なので未来はわかんないですけど・・・)だから少しずつでもいいのでリスクをとりながら投資にお金を回す必要もあるんじゃないかなー?って思ってます!

ひふみ投信ってどこで買える?実際に購入してみました!【購入方法】
2014年に投資信託を始めてみようと猛勉強をしてたときに見つけた「ひふみ投信」。 その当時は信託報酬の高さから購入を見...
SBIの個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)のポートフォリオにひふみ年金を追加しました!
自分で作る個人年金の個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)のポートフォリオの掛金の分配割合を変更しました。 変更したの...

記事の内容は公開時のもので変更されている場合があります。実際にお出かけ前やサービス利用前には公式サイトで確認お願いします!株式投資や投資信託、金への投資は購入時の価格を下回るリスクがあるので資金管理、リスク管理が大切です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

もしこの記事が気に入っていただけましたら、はてなブックマークやfacebookでシェアしていただけると幸いです。ものすごく励みになります!