京都の通販で買えるおいしい文助のプリン「はなぞのぷりん」!

もしこの記事が気に入っていただけましたら、はてなブックマークやfacebookでシェアしていただけると幸いです。ものすごく励みになります!

kyo_pu07

テレビでうどん屋さんが作る大人気のプリンということで紹介されていた京都の「はなぞのプリン」を買って見ました!

通販でプリンを買うのは初めてだったのでちょっと心配なのもありましたが、うどん屋さんが作るというところが面白く一度食べてみないとわかんないですしね。ポチッと買って見ました。

うどん めし 文助のはなぞのぷりん

こちらのプリンは普通のうどん屋さんに出てくるぷりんではなく、かなりこだわりの様子。うどんを打つご主人が作るのではなく、フランス料理店でパティシエとして働いていた経験ががある女将さんが作るぷりん。

宮崎県産のまるひの卵、京都丹波産の牛乳、大山の純生クリーム、マダガスカル産高級バニラを使ったピュアバニラエクストラクトとぷりんに使う食材は厳選素材。

テレビでは甘さ控えめで無添加と言っていたので購入。

はなぞのぷりんが届きました!

kyo_pu01

意外とコンパクトに到着。

kyo_pu02

どんな包装なのか気になりますね!

kyo_pu03開けてみると想像していた包装と全然違ってびっくり!そういえばホームページの写真ちゃんと見てなかったような(笑)プリンといえばコップ型の容器にはいってるもんだとばかり先入観があり、まさか箱の中に箱で個包装されているとは予想外!常識を覆されました。

kyo_pu04

個包装を開けてみると長方形のぷりんが。この包装いいですね。プリンが崩れることもなく、いらない容器も使わず場所をとらない。ぷりんって食べたあとのガラス瓶とかだとほかすのがもったいないなぁと思うこともあるのですが、集めてもしかたないし。でもこのパッケージだとそんな心配もありません。

kyo_pu05

原材料は牛乳、卵、生クリーム、砂糖、ゼラチン、バニラビーンズ、ラム酒とシンプルで無添加。

kyo_pu06

中にはスプーンとカラメルも入ってました。

kyo_pu07

見た感じしっかりと固め?のプリンと思ったのですが、袋から出すときかなりぷりんぷりんでした。

kyo_pu08

そして食べてみてびっくり!!かなり濃厚なんです!!

ぷりんの固さは焼き面が少し固い絹ごし豆腐のような固さ。食べてみるとかなりクリーミーでとろとろまではいかないのですが、結構しっとり食感。甘さも控えめでちょっとビターなカラメルをつけて食べるとさらに味に奥行きがでますね。

原材料の3番目に生クリームがかかれていることからもクリーミーなことがわかります。だいたいプリンとかって結構最初の方に砂糖ってかかれてることが多いけど、砂糖が牛乳、卵、生クリームの次にかかれていることからも甘さ控えめなのもわかります!

例えばスーパーとかでよく見るプリンの原材料は液卵、砂糖、乳製品、生乳・・・と砂糖が結構先に書かれてるんですけど、この原材料を書くにも順番があって含有量が多いものから先に書くと聞きました。

3個入りで1200円。1個400円と少し高いかな?とも最初は思ったのですが、無添加で甘さも控えめで美味しいプリンなのでそう高いこともないですね!

京都手作りデザート 文助
http://www.shop-bunsuke.biz/


記事の内容は公開時のもので変更されている場合があります。実際にお出かけ前やサービス利用前には公式サイトで確認お願いします!株式投資や投資信託、金への投資は購入時の価格を下回るリスクがあるので資金管理、リスク管理が大切です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

もしこの記事が気に入っていただけましたら、はてなブックマークやfacebookでシェアしていただけると幸いです。ものすごく励みになります!