リンキャニオンパークにある無料の吊り橋はとってもスリリング!ハイキングも楽しめてオススメ!

もしこの記事が気に入っていただけましたら、はてなブックマークやfacebookでシェアしていただけると幸いです。ものすごく励みになります!

lynn01

ノースバンクーバーの少し東には無料で楽しめるサスペンションブリッジがあります。その名もリンキャニオンサスペンションブリッジ。リンキャニオンパーク内にある無料の吊橋でキャピラノと比べると規模は小さいですが、結構揺れる揺れる(笑)

橋を渡って左右に分かれる道があるのですが、どちらもハイキングコースが整備されていてのんびりハイキングするにはとってもおすすめ!ここのハイキングコースはあまり知られてないのか人も少なく穴場な感じです。

リンキャニオンパークへの行き方

ダウンタウンからの行き方はウォーターフロント駅からシーバスに乗ってロンズデールキーまで行き(約15分)、そこから目の前のバスロータリーからバス228に乗って約24分、Lynn Valley Rd FS Burrill Aveで降ります。

運が良かったらバスの運転手さんが教えてくれます。でも最近はスマホがあるからGoogleMapを見ながらストップボタンを押すことができるのでとっても便利。

私が初めてワーホリに行った頃はバスも古く、今のようにバス停言ってくれない、ボタンじゃなく窓から下がってる紐でゆるい時強くひっぱらないとボタンがならない、スマホもないからどこ走ってるのかわからないと毎回新しいバスに乗る度にドキドキの冒険でした。

平日だとダウンタウンからは2ゾーンなので4ドル。しかしトランスリンクもかなり高くなりました。昔は1ゾーン2.25だったのに今や2.75。2ゾーンは確か3.25くらいだったのが今は4ドル。

週末に行くと1ゾーン料金でどこまでも行けるので週末に行くのがベストですね。

Waterfront Station

↓ SeaBus Northbound 約15分

Lonsdale Quay

↓ Bus 228 Lynn Valley 約24分

Lynn Valley Rd NS Peters Rd

↓ 歩いて5分

Lynn Canyon Park

Lynn Canyon Park
3663 Park Rd, North Vancouver
http://lynncanyon.ca/

リンキャニオンパーク内

lynn02

パークはいってすぐ右側にカフェやトイレもあります。

lynn03

この建物にカフェとトイレがあります。

lynn04

いよいよここからリンキャニオンサスペンションブリッジです!

lynn05

まさにシャッターチャンス!

lynn06

水の透明度が高くてキレイです!

lynn07

橋を渡って左側は河原に下りることもできるし、そのまま進むと川へジャンプできる場所もあって結構賑わってます。

右側は本格的なハイキングルートになっていてこちらの方がおすすめ!高低差もありマイナスイオンたっぷりな環境の中ハイキングを満喫することができます。

lynn08

最初はアップダウンがない楽なコース。

lynn09

このルートをずっとすすむと約20~30分ほどで公園の駐車場へ戻ることができます。簡単なルートなので軽いハイキングにぴったり。

lynn10

下り階段がずっと続きます。これだけ下りが続くと待ってるのは・・。

lynn11

lynn12

苔むした感がいいですね!

lynn13

ここからちょっとホワイトバランスを変えてホラーチックに撮ってみました。

lynn14

lynn15

lynn16

lynn17

ロンズデールマーケット内のおすすめのスープ屋さん

lynn001

ロンズデールキーに着いたら是非よっておきたいのがロンズデールキーマーケット内にあるスープ屋さん「Soup Meister」。

lynn002

ここでのランチがおすすめなんです。種類はシーフードスープ、チキンスープや日替わりスープと5種類ほどから選び、カップの大きさは大か小。値段は小サイズで5ドルほど。

小でもボリュームもたっぷりでパンは全粒粉や白パン、フォカッチャから選べお手ごろ価格でランチが出来るのでバンクーバーに行ったら必ず寄るお店の1つです。

ここのスープ本当に美味しいのでノースバンクーバーに行く機会があったら是非!

Soup Meister
https://www.facebook.com/soupmeister/


記事の内容は公開時のもので変更されている場合があります。実際にお出かけ前やサービス利用前には公式サイトで確認お願いします!株式投資や投資信託、金への投資は購入時の価格を下回るリスクがあるので資金管理、リスク管理が大切です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

もしこの記事が気に入っていただけましたら、はてなブックマークやfacebookでシェアしていただけると幸いです。ものすごく励みになります!