手土産に持って行きたい春の和菓子おすすめ9選!

もしこの記事が気に入っていただけましたら、はてなブックマークやfacebookでシェアしていただけると幸いです。ものすごく励みになります!

sp_wa

3月に入りいよいよ春の日差しを感じ始める季節。春の和菓子は桜やイチゴを使った爽やかなスイーツが出始め、特に京都に旅行に行くと老舗のこの季節にしか食べることができない和菓子も堪能することができます。

洋菓子みたいにバターや生クリームを使わない和菓子はヘルシーなので女子にも嬉しいお菓子ですね。

春だけの期間限定の和菓子や通年もありながらこの季節に手土産に渡したくなるようなおすすめの和菓子をご紹介したいと思います。

桜の上生菓子

sp_wa01

Photo by

昭和21年創業の神楽坂で人気の和菓子店「五十鈴」。北海道産の最高級の小豆を使った餡にこだわり厳選された素材のみを使い1つ1つ丁寧に作られる和菓子は食べるのがもったいないほど。

春限定の和菓子は定番人気の桜餅や草餅があるのですが販売期間が1ヶ月(3月中旬~4月中旬)とさらに期間限定のサクラをモチーフにした春らしい上生菓子はサクラを見ながら楽しみたい和菓子ですね。

五十鈴
http://isuzu-wagashi.co.jp/

春の山

sp_wa02

Photo by 京都茶寮

昭和13年創業の西陣の老舗和菓子屋「京菓子司 千本玉壽軒」。こちらの銘菓はごま入りのこし餡が美味しい西陣風味ですが、春になると期間限定で楽しめるのが京都らしい柔らかい色合いの春をイメージした春の山。

4月に登場し白色と桜色の2色のきんとんをまとったヤマザクラが咲くような美しい生菓子。ふんわりと口溶けもさわやかで優しい桃色から白色へのグラデーションが美しく、上品な甘さの生菓子です。

京菓子司 千本玉壽軒
http://tabelog.com/kyoto/A2601/A260202/26003746/

さくら

sp_wa03

Photo by 末富

創業明治26年の京都の老舗和菓子屋「末富」。こちらの銘菓は薄い麩焼の間にほんのり甘みがする梅肉を挟んだ「うすべに」。ふんわりとした食感と口溶けの良さ、上品で優しい甘さはまさに京ならではの繊細なお菓子です。

そんな末富の春の和菓子は末富が得意とする薯蕷の生地で餡を挟んだお菓子「さくら」。名前の通り桜の花びらの形をしたお菓子は中に挟まれたやさしい味わいの餡と弾力のある生地が絶品のお菓子です。

末富
http://www.kyoto-suetomi.com/

桜だんご

sp_wa04

Photo by 芽吹き屋

黒ゴマあん、くるみ餡、小豆あんがはいった国産のうるち米を使った三色だんごで有名な岩手県花巻市にある「芽吹き屋」。原料の低温保管や米にダメージを与えない製粉方法などこだわりの生成で作られた和菓子を楽しむことができます。

春になると紅こうじを使ってほのかにピンク色に染められた生地に伊豆のオオシマザクラの塩漬け桜葉入りのあんで包んだこの季節だけの桜だんごを楽しむことができます。

芽吹き屋
http://www.mebukiya.co.jp/

しだれ桜

sp_wa05

Photo by 食べログ

京都市役所前駅から歩いて5分、「不老泉」や「家喜芋」といった銘菓で有名な京都の和菓子屋「二條若狭屋」。茶房が設けられている店舗では8種類ほどある生菓子から選べる和菓子と抹茶のセットを楽しむことができ、春には淡い桃色のグラデーションが美しいしだれ桜も楽しむことができます。

流れるようなラインで枝垂れたサクラをイメージした見た目も美しい和菓子。白あんをういろでつつみ、桜の花びらを表現したしだれ桜はういろうのモチモチ食感となめらかな白あんのバランスが絶妙で、甘さも上品な和菓子です。

二条若狭屋
http://www.kyogashi.info/

果実彩菓 きんかん大福

sp_wa06

Photo by 食べログ

1865年創業の滋賀県に位置する和菓子屋「滋賀 しろ平老舗」。こちらのおすすめは宮崎県産の金柑をつかったきんかん大福。だいふくといえばまるごとみかん大福やいちど大福が定番ですけど、金柑の苦味や酸味が楽しめるきんかん大福は意外なコンビネーションがマッチした不思議な美味しさ。

地元でとれた最高級の羽二重糯餅で金柑を丸ごと包んだ一品。甘さ控えめの白あんと甘露煮した金柑のほどよい苦味、酸味が絶妙なおいしさです。

滋賀 しろ平老舗
http://www.shirohei.com/

いちご大福

sp_wa07

Photo by 双松庵唯七

春の和菓子の定番でもあり人気のいちご大福。南信州に位置する高級和菓子の専門店「双松庵唯七」は自社農園や契約栽培農家から仕入れる果物や野菜と伝統技法にこだわった高級和菓子を楽しむことができます。

こちらのいちご大福のイチゴは長野県産の紅ほっぺ。イチゴ本来の酸味と甘みが引き立つミルク餡と小豆つぶ餡の2種類のいちご大福を楽しむことができます。

定番の小豆つぶ餡もいいけど、イチゴといえば相性がバツグンのミルク餡が選べるのもいいですね。

双松庵唯七
http://www.tadashichi.com/

和三盆くるみ

sp_wa08

Photo by 菓心おおすが

60年以上もの歴史をもつ滋賀県彦根市の和菓子屋「菓心おおすが」。彦根を代表する銘菓を作っているお店で人気の和菓子が徳島の和三盆糖をたっぷりまぶした「和三盆くるみ」。

オーガニックの大粒の胡桃を醤油と和三盆でキャラメリゼしたカリッとした食感とキャラメリゼのちょっとビターな中にも甘さを感じるバランスが絶品!食べやすいサイズで上品な和紙のパッケージも素敵なのでお土産にも最適ですね。

菓心おおすが
http://kashin-ohsuga.com/

花大福

sp_wa09

Photo by 京都 桂 和菓子の中村軒

明治16年創業の京都の桂離宮で有名な和菓子店「中村軒」。北海道産のあずきや備中産白小豆など国産の厳選食材を使った美味しい和菓子を楽しむことができます。こちらの銘菓は昔ながらの手法で作られた「麦代餅」が有名ですが、春の季節だけ楽しめる「花大福」がおすすめ。

桜花の塩漬けをつきこんだ柔らかい餅の生地に小豆粒をたっぷり包みこんだ桜のの香りがする淡いピンク色の大福。生地の表面に桜花の塩漬けがところどころに見えほのかに香る桜の香りから春の訪れを感じることができますね。

京都 桂 和菓子の中村軒
http://www.nakamuraken.co.jp/

春らしい和菓子を持ってサクラ鑑賞に出かける季節ももうすぐですね!

記事の内容は公開時のもので変更されている場合があります。実際にお出かけ前やサービス利用前には公式サイトで確認お願いします!
株式投資や投資信託、金への投資は購入時の価格を下回るリスクがあるので資金管理、リスク管理が大切です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

もしこの記事が気に入っていただけましたら、はてなブックマークやfacebookでシェアしていただけると幸いです。ものすごく励みになります!