水素水スティックのエニティh2で水素水生活始めました!

もしこの記事が気に入っていただけましたら、はてなブックマークやfacebookでシェアしていただけると幸いです。ものすごく励みになります!

sui_03

最近ちょっと気になる水素水。成城石井やちょっと高めのスーパーに行くと水素水のドリンクパックを見る機会が増えてたのでなんとなく水素水生活を始めてみたいなぁと思って色々調べてみました。

でも水素水って作ったらすぐ飲まないと水素が抜けてダメになります。手軽に始めやすいのがドリンクタイプのものですが、ドリンクタイプだとペットボトル、アルミ缶、アルミパウチのものがあり、ペットボトルが一番水素の量が抜けやすくアルミパウチのものでも半年で水素濃度がほぼゼロになってしまいます。

そこで目をつけたのが手軽に手始めに簡単に始めることができそうな水素水スティックタイプのもの。

水素水とは?

sui_08

水素水とは水素ガスを含む水のことです。

カットしたりんごをそのままにして置いておくと茶色く色が変わるようにカラダが酸化してサビることが老化の原因の一つ。

日々の不規則な生活や仕事のストレス、PM2.5などの汚染ガスやスマホや電化製品の電磁波、紫外線によって体内には有害な活性酸素が蓄積され、シミやしわ、免疫力の低下、動脈硬化や脳卒中といったダメージを与えます。

カラダの中には悪い活性酸素の攻撃から身を守る為に抗酸化酵素という抗酸化力があるのですが、体内の抗酸化力は加齢とともに減っていってしまいます。

体内で作られる抗酸化酵素は加齢とともに減少し、大体40歳前後から低下していくので対外から抗酸化成分を補って抗酸化力を高めておくことがとっても大切なんです。

この抗酸化作用を持つ成分がビタミンやミネラル、ポリフェノール。最近ではアサイーやルイボスティーにポリフェノールが多く含まれていることがわかり人気となりましたね。

そして気になる水素水の商品はペットボトルなどのドリンクタイプ、サプリメント、水素水生成器スティックタイプやサーバータイプと色々ありドリンクタイプは手軽に水素水を取りやすいのですが、水素濃度はそれほど高くなく少しずつ抜け出すのであんまりだし、かといって水素水サーバーは高いし場所も取るし。

とそこで目をつけたのがスティックタイプのエニティH2

水素水スティックタイプのエニティH2

sui_01

水素水って作るのに時間がかかるのかと思ってたのですが、このエニティH2だと水に入れてボタンを押して30秒待つだけで新鮮な水素水をすぐ飲むことができます。

このエニティH2は日本製なので安心安全。水素水生成の目安は4000回で電極部分を交換すればまた使うことが出来ます。

200mlほどのコップと500mlのペットボトルタイプに対応していて、水素の濃度は400-500ppb、0.4-0.5ppm。

sui_02

アルミパウチのドリンクタイプのもので高濃度のものだと充填時水素濃度が1.9~2.5ppm。でもこれは充填時の水素濃度なので少しずつ水素が減っていくので実際に飲む時にはどのくらいまで減ってるのか不透明ですね。

その点、スティックタイプのものだと作ってすぐ飲んだら水素濃度は0.4-0.5ppmと分かっているからまだわかりやすくていいですね。

sui_04

水はミネラルウォーターじゃないと反応しないので、浄水器がついてたらミネラルウォーターが必要になるかもしれません。家は浄水器がついてたので浄水器の水では反応ナシでした。ミネラルウォーターだと電源をいれたら液晶部分に電源がはいり、電極から小さい泡が出ているのが見えます。

sui_06

上から見てみると電極棒の周りに白~い泡がみえます。

sui_07

この角度の方がわかりやすいかも。

コスパで考えるとサーバータイプがお得でいいかもしれないのですが、初期投資金額が結構高いので先ずはスティックタイプやドリンクタイプで数ヶ月試してみて、体調に変化が見られてきたらサーバータイプにしてみるのもいいかもしれないですね。

30代女性独身の終身医療保険3社を比較してみました。【医療保険編】
前回保険のビュッフェからファイナンシャルプランナーFPさんが来て色々話しをしてから2回目の話し合い。 ...

記事の内容は公開時のもので変更されている場合があります。実際にお出かけ前やサービス利用前には公式サイトで確認お願いします!株式投資や投資信託、金への投資は購入時の価格を下回るリスクがあるので資金管理、リスク管理が大切です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

もしこの記事が気に入っていただけましたら、はてなブックマークやfacebookでシェアしていただけると幸いです。ものすごく励みになります!