京都哲学の道・永観堂へ紅葉を見に行って来ました!~前編~

もしこの記事が気に入っていただけましたら、はてなブックマークやfacebookでシェアしていただけると幸いです。ものすごく励みになります!

tesugaku_01

2015年11月11日に京都へ紅葉を見に行ってきました。京都の紅葉は中旬ごろから。そしてこの日は最高の晴れ日。

いい感じに紅葉しているだろうなぁと思い今回の行き先は京都の紅葉コースでも鉄板の哲学の道、永観堂コース。こんな人気のコースは平日でもなければなかなか難しいコース。

出来るだけ京都入りは早い時間に行きたいのですが安チケの昼得キップを使うなら大阪からは10時過ぎ。大阪から京都まではJRで560円。でも安チケの昼得キップなら390円と割安なので使わない手はないですね!

哲学の道への紅葉の時期のアクセス方法と今回初めて訪れた法然院と合せてご紹介したいと思います。

今回のルートはこんな感じです。哲学の道~法然院~永観堂~南禅寺~日向大神宮。

哲学の道へのアクセス

tesugaku_01

哲学の道へのアクセスは銀閣寺を目指していきます。京都駅から銀閣寺まではバスで約40分。普段なら一日乗車カード(500円)を使って行くのですが、この時期はバスもぎゅうぎゅう詰めなうえ渋滞もしています。特に清水寺から八坂神社を北上するルートは避けたほうが無難。

tesugaku_03

なので今回は地下鉄で今出川駅(260円)まで行き、そこからバス(230円)に乗っていくことにしました。ここまで北上すれば東西の道路も混雑はしてません。

tesugaku_04

哲学の道の紅葉の見頃は11月中旬から下旬。この日はやっぱりちょっとだけ早すぎましたね。サクラの木が紅葉または落葉していましたがモミジはまだもうちょっと先でした。

tesugaku_12

紅葉の見頃の時期だとこのように真っ赤に色づいたモミジを見ながら川沿いを歩くことができます。

哲学の道に行ったら是非行きたい法然院

tesugaku_05

今回の一番の目的は哲学の道沿いにある法然院。茅葺の山門が情緒を感じさせる境内には道の両側に台形に白い砂で盛られた「白砂壇」があり、この間を通ると身を清めて浄域に入ることを意味しています。

tesugaku_06

この白砂壇の上には絵が描かれていて紅葉やイチョウと季節によって水流の模様が変わります。

tesugaku_07

法然院は哲学の道から少し外れた所にあるので混雑度も低く紅葉の穴場としてもおすすめです。また拝観時間が朝6時からと早いので早朝から京都の紅葉狩りをスタートするにはこのコースがいいですね。

tesugaku_08

tesugaku_09

茅葺の屋根とモミジの色合いがステキですね。もうちょっと紅葉してたら尚更に美しいんでしょうね!また来年撮影に行ってみたいと思います。

法然院
京都府京都市左京区鹿ケ谷御所ノ段町30
http://www.honen-in.jp/

哲学の道からさらに永観堂を目指して

tesugaku_10

法然院を後にし、また哲学の道へ戻り永観堂を目指します。もしこの辺りで一度休憩を入れるなら法然院すぐの哲学の道沿いにあるカフェ「テラッツァ」なんかおすすめです。

疏水のすぐ側にありテラス席もあるので雰囲気も良く哲学の道の観光のランチやカフェには最高のロケーションです。

カフェテラッツァ
京都府京都市左京区鹿ヶ谷法然院町72
http://www.cafeterrazza.com/

tesugaku_13

塀の上に生えてた立派な苔と白い花。かわいかったのでパシャリと一枚。

後編の永観堂と南禅寺エリア、「京都哲学の道・永観堂へ紅葉を見に行ってきました!~後編~」へと続く。


記事の内容は公開時のもので変更されている場合があります。実際にお出かけ前やサービス利用前には公式サイトで確認お願いします!株式投資や投資信託、金への投資は購入時の価格を下回るリスクがあるので資金管理、リスク管理が大切です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

もしこの記事が気に入っていただけましたら、はてなブックマークやfacebookでシェアしていただけると幸いです。ものすごく励みになります!