鳥取県の湖畔に建つリゾートホテル「大山レークホテル」!

もしこの記事が気に入っていただけましたら、はてなブックマークやfacebookでシェアしていただけると幸いです。ものすごく励みになります!

daisen05

7月上旬に鳥取県の大山レークホテルに行ってきました。初めて鳥取に行ったのが去年の夏。蒜山高原からホテルまでの途中、ブナ林が広がる大山の麓をドライブしそのブナ林の美しさに感動しました。

本当にキレイなんです!

大阪からでも中国自動車道と米子自動車道を使うと約3時間ほどで到着できるアクセスも便利な場所。都会の喧騒を忘れてのんびりと豊かな緑に囲まれて過ごすのにおすすめのスポットです。

車で行く場合のおすすめの行き方は中国自動車道の落合ジャンクションで米子自動車道に入り、蒜山インターで降りて蒜山高原でドライブしてから大山環状道路を使ってホテルに向かう行き方。蒜山のジャージー牛乳で作られたソフトクリームを食べ、のんびりとドライブも楽しむことができます。

蒜山高原でのんびりドライブ

daisen01

蒜山インターを降りる前に寄りたいのが蒜山サービスエリア。お昼も出来るし何よりトイレがキレイなので休憩に立ち寄るのにおすすめですね。

そして試食して美味しかったのがこのサービスエリアで販売されている「蒜山高原朝焼きチーズケーキ」。しっとりしていて濃厚な味わいなんですが、それでいてさっぱりした後味。帰りに寄ってお土産にもおすすめです

蒜山インターを降りて右折してそのまま5分くらいで蒜山高原に到着することができます。

daisen02

広々とした開放感溢れる芝広がる大地に豊かな緑。車でドライブもよし、レンタサイクルを借りてサイクリングもおすすめです。また蒜山高原には休暇村もあるのでここの東館にあるウッドテラスでお茶をしながら目の前に広がる高原を眺め、のんびり休憩もおすすめです。

休暇村蒜山高原
岡山県真庭市蒜山上福田1205-281
http://www.qkamura.or.jp/hiruzen/

蒜山高原でのドライブを楽しんだら、休暇村の近くの114号を北へ走り途中から大山環状道路45号を左周りでいきます。ここからいよいよ大山の麓へ!

ここからは新緑の季節はブナ林のトンネルの中をドライブしながら森林浴を楽しむことができます。蒜山高原から大山くレークホテルまでは車で約1時間。

湖畔に建つ静かなホテルでゆったりとした時間を

daisen03

大山寺を過ぎ、モンベルを右手に、大山を眺めながら道なりに進むとどこまでも続く美しい道。しばらくす進むと右手に大山レークホテルの看板が見えるのでここを右折し道なりに進むと右手にホテルが見えます。

ホテルの玄関には看板犬のグレート・ピレニーズ「ガイナ」君が出迎えてくれます。とっても大きいのに大人しい可愛い看板犬♪

daisen13

ホテルロビーすぐのロビーラウンジ。

daisen04

大山の中腹に位置し、大野池湖畔に佇むホテルはヨーロッパのスイスのリゾート地のような外観のホテルでちょっと外国にきたかのような非日常感を味わうことができます。

daisen07

全室湖と山を眺めることができ、またスタンダードの部屋でも広々としているのでのんびりと過ごすことができます。静かな部屋から聞こえてくるのは鳥のさえずり。目の前には湖が広がり本当にリラックスすることができます。

daisen04

このホテルでおすすめなのが湖畔をハイキング。1週30分ほどと短いのですが足元も安全なのでホテルに付いてちょっと休憩して、また朝食の後に軽く散歩なんてのもおすすめです。

そしてなにもしない贅沢なホテルでのもうひとつの楽しみが食事。地元農家から仕入れる減農薬や無農薬栽培のお野菜を使った料理。以前までは和食かフレンチか選べたのですが、今年からはフレンチのみになってますね。今回は朝食付きプランにしました。

daisen08

ロビーすぐ横にあるレストランにて。

daisen09

和朝食か洋朝食か選べます。洋朝食にするとパンにつける自家製ジャムがついてきます。

daisen10

朝からボリューム大!

daisen11

daisen12

洋朝食でも和のお重セットがついてます。

daisen14

食後の最後には紅茶とデザート。

大山レークホテル
鳥取県西伯郡大山町鈑戸1521-154
http://www.daisen.com/

この後ホテル内に植えてあるブルーベリーでブルーベリー狩りをさせていただきました。この7月だけの限定サービスですね。無農薬なのでそのまま食べながらブルーベリー狩りを楽しむことができました。また来年も同じ時期に遊びに行きたいですね。

大山寺と大山登情報

daisen16

大山レークホテルから車で約10分に位置する大山寺。冬シーズン以外は駐車場も無料なので広々とした駐車場に車を止めることができます。

daisen17

大山寺まで続く参道の途中にある足湯。

daisen18

参道を登りきった所。

daisen19

daisen22

daisen21

駐車場から大山寺まで登り道を片道約600メートル。御幸参道本通りは結構急な登り坂ですが坂の途中には足湯があったり御茶屋があったり、昔ながらの食事所があったりといい雰囲気。

大山寺
鳥取県西伯郡大山町大山9
基本志納額:大人300円、子供200円
http://daisenji.jp/

この大山寺の周辺も気軽に散策も楽しむことができます。

大山寺をさらに進むと自然石で出来た石畳の参道が続き、その先にあるのは「大神山神社奥宮」。今回ここまで行くことができなかったので次回は是非訪れたいスポット

大神山神社奥宮
http://www.oogamiyama.or.jp/

また大山登山の夏山登山口もこの大山寺近くを流れる川を渡った先にあります。大山寺ふもとの駐車場に大山町観光協会がありここで大山登山道総合案内の地図をもらうことができます。

大山登山が初めての初心者の場合ガイドさん付きのツアーに申し込むのもおすすめです。大山寺の参道に大山ツアーデスクがあるのでここで開催されているプログラムに参加してみるのもいいかもですね。

大山ツアーデスク
鳥取県西伯郡大山町大山24-7
http://www.daisen.jp/tourdesk/

記事の内容は公開時のもので変更されている場合があります。実際にお出かけ前やサービス利用前には公式サイトで確認お願いします!
株式投資や投資信託、金への投資は購入時の価格を下回るリスクがあるので資金管理、リスク管理が大切です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

もしこの記事が気に入っていただけましたら、はてなブックマークやfacebookでシェアしていただけると幸いです。ものすごく励みになります!