デジカメや一眼レフのホワイトバランスを調整してよりリアルな写真を撮るコツ!

もしこの記事が気に入っていただけましたら、はてなブックマークやfacebookでシェアしていただけると幸いです。ものすごく励みになります!

wb

写真を撮ってると何か色がちょっと変に撮れてる。。思った通りの色じゃない?ということはありませんか?

私はカメラを買ったばかりの当初、色々写真を撮ってて何か物足りないなぁ・・と思うことがよくありました。そして勉強していくうちにそれはカメラの設定のホワイトバランスというものが影響しているとうことを知りました。

森にハイキングに行っててもなんか緑がきれいじゃない!とか、オレンジの光を撮っててもなんか白くなっていい雰囲気に撮れない!とか色々ありました。

ホワイトバランスを調整するだけで写真って色々遊べるので是非参考にしてみてくださいね!

そもそもホワイトバランスとは?

ホワイトバランスとは撮影する時の光の色をカメラが補正して白い物を白く写す為の機能です。光ってその種類によって色々な色をもってて、電球の色はオレンジがかってたり、曇りの日はすこし青っぽい色がはいってたり、目でみただけではわかりにくいですがカメラのレンズを通してみるとカメラはそのままの色を撮影しようとするので光の種類によっては見た目よりも黄色や青く写る時があります。

まさに私が経験した森の緑が青々としていない!とかの現象ですね。

色の調整を行う機能をホワイトバランスをいいます。ホワイトバランスの調整にはカメラの機能にもよりますが大体の機種にオート、屋外、日陰、曇天、白熱灯、蛍光灯、電球、マニュアルと選ぶところがあります。

普通はオートにしておけばカメラが自動的に調整してくれるので光の種類に気をつけなくてもきれいな写真を撮ってくれます。

でも撮った写真の色あいが思ったとおりでない時は、その時の天候や屋内電気の種類に合せてホワイトバランスを調整して撮影しなおします。

またその通りのホワイトバランスを選ばず、あえて違う環境のホワイトバランスを選ぶことによって青みが強い写真や赤みが強い写真と意図的に写真を仕上げることもできます。

ホワイトバランスって大切?

使いわけが出来るようになるととっても便利な機能なんです!

例えば先ほどの例のように、せっかく新緑の美しい季節に緑を撮影しにいってもホワイトバランスがあってないと新緑の青々とした葉っぱを写すことはできません。

またカフェにいって美味しそうなケーキを撮ってみても青っぽい写真に仕上がると美味しそうにも撮れません。特にカフエやレストランとかだとオレンジの電球の場所も多いので写真全体がオレンジがかった絵になってしまったり、またせっかく美味しそうな料理でも青みがかった写真ではイマイチですよね。

食べ物を撮る時は出来るだけ窓側の席に行くのがベストですが、それが出来ない時はホワイトバランスを変えてちょっと調整してみるのもおすすめです。

色が合っていない写真を撮り続けても表現の幅が広がらないので撮った写真もいつまでも同じ色で面白くありません。慣れるまではその違いがわからないこともありますが、同じシーンでも色々調整してみて何度も撮ってみると違いもわかってくるので是非試してみてくださいね。

ホワイトバランスを設定してみよう!

今回はデジカメのGR IIとニコンの一眼レフのホワイトバランスの設定をみていきたいと思います。

wb_01

WBのボタンを押すと液晶画面のホワイトバランスを選ぶメニューが出てきます。デジカメのいいところはホワイトバランスを変更するとプレビューでもその変化がわかるのでその時の光の状況を見ながら調整することができます。

wb_02

一眼レフの場合はWBのボタンを押しながらダイアルを回すと画面のホワイトバランスのアイコンマークが変化します。

大体のカメラには自動調整の「オート」、曇った屋外で撮る「曇天」、晴れた屋外で撮る「晴天」、蛍光灯の下で撮る「蛍光灯」、電球の明かりで撮る「電球」、ケルビンを調整する「マニュアル」があります。

今回はよく使うオート、曇天、晴天、蛍光灯、電球の違いをサンプルで見ていきたいと思います。

ホワイトバランス以外の設定はF2.8、1/25、ISO 100です、

一般的によく使うホワイトバランスのサンプルです。今回はデジカメのGRで撮ってみました。

AUTO

wb_03

屋外

wb_04

日陰

wb_05

曇天

wb_06

白熱灯

wb_07

蛍光灯

wb_08

電球

wb_09

撮影した日の天気は晴れ。

ここからは一眼レフで撮影しました。オート、屋外、電球の順です。

wb_10

オートは今回の条件だと一番色が合ってるような感じがします。

wb_11

屋外は少し黄色がかっていいますが、これはこれでほのぼのした雰囲気がでていいですね。

wb_12

ちょっと寒空を表現したいときはこの色でも面白いですね。

次の例は外でのパターン。

wb02

wb01

こちらの2枚も同じ時間に撮ったのですが、ホワイトバランスが違うだけで1つは朝方、もう1つは夕方っぽくも見えますね。

ホワイトバランスが違うと同じ写真でもイメージが変わりませんか?今までのオートから少しホワイトバランスの調整をしてみて一味違った写真を撮ってみるのも面白いのでおすすめです!




記事の内容は公開時のもので変更されている場合があります。実際にお出かけ前やサービス利用前には公式サイトで確認お願いします!
株式投資や投資信託、金への投資は購入時の価格を下回るリスクがあるので資金管理、リスク管理が大切です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

もしこの記事が気に入っていただけましたら、はてなブックマークやfacebookでシェアしていただけると幸いです。ものすごく励みになります!