株の順張り・逆張りとは?自分のスタイルに合ったトレード投資手法を見極めよう!

もしこの記事が気に入っていただけましたら、はてなブックマークやfacebookでシェアしていただけると幸いです。ものすごく励みになります!

zyuba02

株の売買をし始めてセミナーとかを聞いてるとよく聞くのが「順張り・逆ハ張り」という言葉。初めの頃は何のことかさっぱりわかりませんでした。

「株は安く買った時の方がお得!」と思って値下がりし続けている株の銘柄を買って失敗した経験はありませんか?私は最初の頃よくありました。

この株が値下がりしている時を狙うのが逆張りでその逆の上昇している時に買うことを順張りといいます。

セミナーとかでもよく言われているのが個人投資家が好んで使う手法が「逆張り」だそうです。確かに1円でも安く買えたらラッキーなので普通に考えるといい手法かもしれません。

順張り

zyuba

株価が上がっている銘柄を買うのが順張り。買った価格よりもさらに上がることを予測してから購入するので気分的にも楽ですね。

谷超えを確認して、上昇していることを再確認してから買うのは「高く買うからちょっと損した!」という気分にもなるのですが、底値で買うのはなかなか難しいこと。

ただチャートをよく見て上昇ドレンドにうまく乗って買うと、その後も安心してみていられるので初心者にもおすすめの手法です。

私はまだまだ初心者なので基本順張りで売買です。

逆張り

逆張りは株価が下がっている銘柄を買い、株価の上昇を待つ、または優良銘柄の株価を安値で保有したい時にその銘柄の株を買います。

株価の上昇の手前でいち早く株を安値で買うことができるので株価が切替してきて流れが上昇トレンドに行くとこの手法は順張りよりも稼ぐことができます。また安値で優良銘柄を保有したい場合にも仕込み時期でトレード目的ではなく中期・長期保有に向いている手法です。

すぐに株価が上昇しない時は長く保有して株価が上昇してきた時に利益が期待できます。デメリットは結果が出るまで時間がかかる点ですね。長期保有や配当金目的ならこの手法はいいかもしれません。

ただ株が下がっている環境でその株を保有するのはドキドキが止らない初心者にはあまりおすすめできる手法ではないと思います。

株価が安くなった=バーゲン=買いチャンス!=その後株価上昇!という結果になればいいのですが、株価が下がり続けている時はどこが底値なのか誰にも分かりません。安い!と思って買ってもまだまだ下降トレンドが終わっていなければそのままズルズルと含み損を膨らましていくことになりかねません。

チャートを分析し、その流れが変わる情報、明確な根拠がある場合は逆張りは買いチャンスかもしれませんが、その明確な根拠がない場合は株価の谷超えを確認してから買う順張りが無難ですね。

最後に

株の勉強やチャート分析ができるようになる前までは、確かに株価が下がった時に買ってあとは運に任せて上がったら売ろう!というまさに逆張りの手法でした。

株を始めたばかりの2015年は夏ごろまではだいたいどの銘柄も上昇トレンドだったので、下がった所で買っていても大丈夫だったのですが、夏以降上昇トレンドに陰りが見えだし、チャート分析も少しは分かってきだしてからは株価が上昇しているのを確認してから買う順張りスタイルになりました。

私のように証券会社の口座のマイナスを見てドキドキする人には逆張りはおすすめできないので、毎日安心してトレードをするなら順張りがいいですね。

ただどちらの手法を取るにしてもチャートをよく分析し、周りの環境の情報も常に仕入れて日々勉強を怠らないことが大切です。

投資は一日にして成らずですね。

記事の内容は公開時のもので変更されている場合があります。実際にお出かけ前やサービス利用前には公式サイトで確認お願いします!
株式投資や投資信託、金への投資は購入時の価格を下回るリスクがあるので資金管理、リスク管理が大切です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

もしこの記事が気に入っていただけましたら、はてなブックマークやfacebookでシェアしていただけると幸いです。ものすごく励みになります!