2019年1月の資産運用状況をまとめてみました! ちょっと復活して一安心!

もしこの記事が気に入っていただけましたら、はてなブックマークやfacebookでシェアしていただけると幸いです。ものすごく励みになります!

ro_mo02

2018年12月の年末から2019年の年始にかけて荒れた株式相場。

2018年12月末時点での含み損は何と約80万円のマイナス!だったのが2019年の1月末には少し復活しました~。少しホッとしました。

株式市場がこれだけ荒れると心配になるのが自分が保有している銘柄もそうなんですけど私たちの年金を運用しているGPIFの運用成績。

10月から12月の3ヶ月の運用益はマイナス14兆円とすごい数字になってましたね。

GPIFの10~12月期、運用損14兆8039億円 世界株安で最大に

GPIFのサイトの運用暦を見てみると収益額はプラス56兆円、年率は2.73%と長期的に見ると今の所はそれほど心配する必要もなさそうかな?

ただリーマンショック2みたいなのが来たら今あるプラス56兆円はどこまでふんばれるのか、ちょっと心配ですね。

では気を取り直して2019年の運用成績を見てみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

対前月度資産運用状況

含み益含み損益(%)
2018年12月-869,156-6.71%
2019年1月-121,781-0.92%

2018年12月末のマイナス86万円からマイナス12万円までちょっと復活しました。

損益率は-0.92%。2018年の12月末から比べると約6%近く復活しました。

2018年12月の資産運用状況をまとめてみました!株式市場に寒波到来!?

一時はどうなることかと思いましたが、少しでも復活してくれてよかったです。でも投資を始めて3年と2ヶ月の利回りが-0.92%はダメダメな成績ですね。

ちょうど1年前の記事を見てみると含み益がプラス190万円近くあったことを思うとこの1年で約200万円のプラス利益が消えたことになります。

2018年1月の資産運用状況をまとめてみました!思うところ色々な1月でした。

日本株

含み損益:+ 0
含み損益(%):0

日本株は2018年の2月に売り飛ばしてからそろそろ1年間何も保有してないことになります。

日本株は2020年の東京オリンピックの建設需要が今年の夏から秋ごろにかけてなくなってくるし、2019年10月の消費税アップを考えるとまだまだこの先も荒れそうなので様子見です。

アメリカ株

含み損益:-168,065
含み損益(%): -4.66%

2018年12月の-14.43%から10%ほど回復!

アメリカ株は1月はディズニーから6.33ドル、ウォールマートから6.36ドルの12.69ドルの配当金も出ました♪

アメリカ株の保有目的は配当金狙いです。2018年の配当金合計は99303円でした。

2018年の株売買と配当金の結果は?波乱万丈な1年でした。【運用成績編】

アメリカ株を始めるならネット証券ならマネックス証券が銘柄数も多くておすすめなんですけど、ちょっと買い方が難しいかもしれません。

アメリカ株の買い方がわかりにくい時はマネックス証券でのアメリカ株の買い方の記事も参考にしてみてくださいね。

マネックス証券での米国株の買い方を画像解説付きでご紹介!

投資信託

含み損益:+ 148,846
含み損益(%):+ 5.80%

ほったらかしの積立投資信託は株価が荒れてもコツコツと3年2ヶ月積立ているのでなんとか12月末時点でも+ 2.06%のプラスでした。

1ヶ月で3%アップ。やっぱりコツコツ長期が大切ですね。

投資信託NISA

含み損益:-168,065
含み損益(%): -4.66%

積立投資信託に比べてNISAは始めたのが遅く2年の運用。NISAは都度購入ですが、このまま長期保有です。

バンガード S&P 500 ETF

含み損益:+ 7,576
含み損益(%):+ 6.84%

2017年の10月頃に買ったアメリカEFTのVOO。VOO以外とがんばってくれています。

そしてVOOにはうれしい配当金があって2018年に出た配当金は税抜き1886円。

元本は110,720円なので税抜き後の配当利回りは1.07%。

以外と配当利回りもいい感じなので、これからはEFTの買い増しも考えていきたいと思います。

ひふみ投信

含み損益: -65,781
含み損益(%):-4.11%

ひふみ投信も始めたのが2017年の初夏ごろだったのでまだ運用期間が1年半ほどと短いです。

自分で組んだポートフォリオもセゾン投信も今では株式相場が多少荒れてもプラス運用の結果が出ていますが、始めた当初はマイナスになる月の方が多かったですね。

ひふみ投信も積立を始めてまだ1年半ほど。これからもコツコツと長期で積み立てていきます。

ひふみ投信の買い方!口座開設からスポット購入方法までご紹介!いくらから買える?

セゾン投信

含み損益:+112,835
含み損益(%):+ 7.47%

ほったらかしのセゾン投資。荒れた相場の12月でも+3.56%だったのですが、1月では+ 7.47%といい感じに上昇してくれています。

セゾン投信のほったらかし積立が3年経過した運用成績結果は?

ポイント投資 楽天証券

含み損益:-1,975
含み損益(%):-4.85%

投資初心者に一番おすすめなのが楽天市場で貯まっているポイントを使った投資。

ポイントで投資するから小額からちょっと試しに投資経験が出来るし、ポイントだから現金での投資に比べるとちょっとマイナスになっても現金に比べるとポイントだからダメージも少なめです。

なのでちょっと投資に興味があるけど現金は怖いなぁという時に楽天ポイントでの投資デビューはおすすめです。

楽天証券の投資信託が楽天ポイントでも買えるようになってました!【設定&買付方法】

確定拠出年金iDeCo(イデコ)

含み損益:-7,715
含み損益(%):-1.1%

自分年金にと始めたイデコ。

イデコは毎年所得控除が出来るから所得税5%と住民税10%の合計15%ほどの節税があります。節税だけでも利回り15%となるので損益が少しでてもまだまだ大丈夫。

私みたいに投資信託でリスク高めに運用すると含み損が出る確率がかなり高くなるんですけど、イデコは元本保証の商品もあるので節税で帰ってきたお金と合わせると手数料を引いてもプラス利益になるお得な制度です。

イデコは老後のお金に不安がある方におすすめです!何も始めないより先ず何か始めて老後の不安は一つずつなくして行きましょう。

iDeCoで人気の証券会社を比較してみた!SBI・楽天・マネックスどこがおすすめ?

SBI証券でのイデコの口座開設や始め方はこちらから

SBI証券のiDeCoの口座開設はどうやるの?流れや始め方をご紹介!

純金積み立て

含み損益:-4,425
含み損益(%):-0.93%

有事の金といわれていた純金積立が最近ちょっとマイナス気味です。

最近思うのは金は積立で買うより安い時に一括で買う現物購入の方が良かったなぁ?と思いつつあります。

金の現物購入で手数料が安い会社は?比較表を作ってみました!おすすめは?

ビットコイン

評価額:71,536
元金:80,000
含み損益(%):-10.58%

一時の盛り上がりはどこへやらなビットコイン。ビットコインもここに来て含み損がマイナスの10%になりました。含み益100%以上出ていた時もあったのに、懐かしい限りです。

ビットコインはこのまま塩漬け保有ですね。

クラウドクレジット

評価額:210,326
元金:200000
含み損益(%):+ 5.163%

お金を貸して利子がついて戻ってくるソーシャルレンディングのクラウドクレジット。

クラウドクレジットも始めたのが2017年の3月からなので運用もそろそろ2年です。

約2年間20万円を運用(ほったらかし)して今の所の利益は1万326円で5.163%の利率。年利にすると約2.5%。

銀行にお金を置いておくより全然いい感じです♪

クラウドクレジットの口座開設方法!ソーシャルレンディングを始めてみました!

【関連記事】
ゆうちょ定期預金の満期が来た!金利を見て唖然としたので定期金利比較ランキング作ってみました!
40代からの個人年金シュミレーションを色々比較してみました!【お一人様女子の老後準備編】
iDeCoのポートフォリオを公開!SBI証券の確定拠出年金で運用1年半が経ちました!




記事の内容は公開時のもので変更されている場合があります。実際にお出かけ前やサービス利用前には公式サイトで確認お願いします!株式投資や投資信託、金への投資は購入時の価格を下回るリスクがあるので資金管理、リスク管理が大切です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

もしこの記事が気に入っていただけましたら、はてなブックマークやfacebookでシェアしていただけると幸いです。ものすごく励みになります!