30代女性独身の終身医療保険3社を比較してみました。【医療保険編】

もしこの記事が気に入っていただけましたら、はてなブックマークやfacebookでシェアしていただけると幸いです。ものすごく励みになります!

iryo02

前回保険のビュッフェからファイナンシャルプランナーFPさんが来て色々話しをしてから2回目の話し合い。

保険のビュッフェに申込してFPを紹介してもらいました!~個人年金対策編~
30代40代にもなると老後の不安から何か保険に入ろうかな?と思い始めますよね。 私がお一人様女子なのに保険に入ろうかな...

個人年金、医療保険、生命保険と3プランもってきたのですが、まだ独身なので生命保険は置いといて、個人年金と医療保険の中身をみていきたいと思います。

今回は医療保険編。

医療保険って何がどうなってるのかやたらとややこしいので比較表にしてどのプランが何を対象としているのか、何回もパンフレットを読み、さらにFPさんにも質問して少しずつわかってきました。

ここらへん読解能力が低い私には苦手な分野です。

でもFPさんが分かりやすく各保険会社のプランを説明してくれたので、自分でも比較表が作れたし。本当に保険のビュッフェすごいですね。別にここまで話を聞いて今回このプランに契約する義務はないし、無料ですが色々聞いてもいいみたいなので納得行くまで相談できそうです。

契約する義務はなく相談だけなら無料なので色んなプランを見て比較してから決めるのがいいですね。

【女性保険】の見直しなら”保険のビュッフェ”

スポンサーリンク
スポンサーリンク

保険選びのポイントは?

iryo01

保険を選ぶ上で大切なのはどこまで保険がきくのかという保障内容と支払いに関わってくる保険免除条件、特約などどこまで自分に必要なのか、そして比較した中での保険料の安さ。

後は払込免除があるプランで、60歳払込み終身の医療保険タイプを選ぶのがいいですね。

ここに色々特約をつけていくとさらに料金があがるのですが、がんになった時に入院一時金やがん宣告一時金とか特に必要ないかなと思いプランにははいってません。なるべく安くしたいので。

後、年金を受け取る前に医療保険料は払込で終わらせておいたほうが老後の自分の為にもなります。今後国民年金も下がるだろうし、年金収入が少なくなるのに保険料を払い続けるのはしんどいですしね。

しんどいのは収入があるうちに終わらせたほうが後々楽ですね。

3社のプラン比較

それではFPさんが持ってきたプランを比較していきたいと思います。足りない情報や古い情報などありましたら教えていただけるとうれしいです!

今回比較するプランはメディア生命、東京海上日動あんしん生命保険、アフラックの3社から出ている女性用の医療保険です。

どのプランもだいたい同じ内容になるようにプランを組んでみました。


2016年4月調べ

会社 メディア生命 東京海上日動
あんしん生命保険
アフラック
プラン メディフィットA
女性専用パック
医療安心
レディープラン
メディカルKit NEO
女性プラン
ちゃんと応える医療保険レディースEVER
月々
60歳払済
30歳:4,767円
35歳:5,740円
39歳:6,954円
30歳:4,125円
35歳:5,020円
39歳:6095円
30歳:3,869円
35歳:4,655円
39歳:5,637円
入院 入院給付金5万円
通院1日5,000円
入院給付金5万円
通院1日5,000円
入院給付金2.5万
通院1日5,000円
女性特定疾病 1日5,000円 1日5,000円 1日5,000円
入院手術 5万円~20万円 5万円~20万円 5万円~20万円
外来手術 2.5万円 2.5万円 2.5万円
放射線治療 5万円 5万円 5万円
通院 1日3000円 1日3000円 1日3,000円
通院特約 ・退院後180日以内 がん以外
・退院後5年以内 がん
・三大疾患入院支払い日数無制限
1回の入院の支払限度日数は30日
がんは制限ナシ
・入院前60日以内
・退院後180日以内 3大疾病は730日
・三大疾患入院支払い日数無制限
・乳房再建手術の保障
1回の入院の支払限度日数は60日、
通算の支払限度日数は1,095日
・入院前60日以内
・退院後120日以内
入院前後の通院給付金
支払い対象期間30日
・三大疾病無制限型長期入院特約
保険料払込免除特約 がん
急性心筋梗塞
脳卒中
上皮内がんも対象
悪性新生物(がん)
心疾患
脳血管疾患
がん(悪性新生物)
急性心筋梗塞
脳卒中
先進医療
特約
2000万 2000万 2000万
メディカルアシスト ・緊急医療相談
・セカンドオピニオンサービス
・緊急医療相談
・医療機関案内
・転送・患者移送手配
・予約制専門医相談
・がん専用相談まどぐち
・人間ドック・脳ドック・がんPET検診優待サービス
・がんお悩み訪問相談サービス
・介護お悩み電話相談サービス
24時間健康電話相談サービス
セカンドオピニオンサービス
治療を目的とした専門医紹介サービス

保険料払込免除で比較してみるとメディア生命だと上皮がんも対象に含まれているけど急性心筋梗塞・脳卒中と心臓、脳系が幅が狭くてあんしん生命だと心疾患・脳血管疾患と心臓、脳系が結構範囲が広いけど悪性がんじゃないと対象じゃないとか。

と考えるとアフラックは悪性がん・急性心筋梗塞・脳卒中と免除範囲が狭いので今回の同じ料金帯のプランで見るとメディア生命かあんしん生命なのかなぁと思いました。やっぱり上皮がんも対象というのが一番惹かれるかなぁ。

最近の病院は入院が短く通院が長くなりそうなのでこのあたりもしっかり見ておきたいポイントですね。メディア生命は通院ががんだと退院後5年以内、あんしん生命は730日と2年と短いですが入院前60日以内で乳房再建手術の保障もあるのがいいですね。

本当に最近の手術は入院が短いです!前回といってももう8~9年前、卵巣のう腫で手術した時は開腹手術だったのですが入院期間は2週間。その後の通院の方が長くかかりました。この辺りの経験もまた後々書いていきたいと思います。

【女性保険】の見直しなら”保険のビュッフェ”

個人の節税対策に保険の勉強を始めました!【年金保険比較編~その1~】
前代未聞のマイナス金利政策が開始になって銀行の金利も0.001%に下がり100万円預金しても10円しか利息がつかない超低金利時代にな...
サラリーマンにおすすめの節税対策4つのポイント!知らないと損してるかも!
最近テレビや新聞では景気がいいみたいなことがささやかれていますが、ホトンドのサラリーマンが給与が上がっていないのが現実じゃないかな?...

記事の内容は公開時のもので変更されている場合があります。実際にお出かけ前やサービス利用前には公式サイトで確認お願いします!株式投資や投資信託、金への投資は購入時の価格を下回るリスクがあるので資金管理、リスク管理が大切です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

もしこの記事が気に入っていただけましたら、はてなブックマークやfacebookでシェアしていただけると幸いです。ものすごく励みになります!