出雲大社の参拝方法で砂を持ち帰るには?使い方は?素鵞社(そがのやしろ)のパワースポットへ行って来た!

もしこの記事が気に入っていただけましたら、はてなブックマークやfacebookでシェアしていただけると幸いです。ものすごく励みになります!

出雲大社の参拝方法では砂を持ち帰りお守りにしたり家の敷地や田畑にまいて清めて神様のご加護を頂くという信仰があります。

出雲大社の砂は出雲大社の本殿の奥にある素鵞社(そがのやしろ)の社殿の床下に砂が入ってる箱があるんですけど、最初に出雲大社に行ってその砂を採って持ち帰るだけではダメなんです!

え?出雲大社に最初に行って砂を持ち帰るだけじゃだめなの?

そうなんです。ただ持ち帰るだけではご利益を得ることが出来ないので今回ご紹介する参拝方法で砂を持ち帰ってみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

出雲大社の参拝方法で砂を持ち帰るには?

出雲大社の参拝方法で砂を持ち帰るには最初に出雲大社の西に位置する「稲佐の浜」に行きます。

稲佐の浜の砂を採って出雲大社の本殿奥に位置する素鵞社(そがのやしろ)へ参拝してから素鵞社の社殿の床下の箱に稲佐の浜で採ってきた砂を床下の砂箱に入れて、最初からある砂を持ち帰ります。

  1. 稲佐の浜へ砂を採りに行く
  2. 素鵞社(そがのやしろ)へ参拝して社殿の下にある砂と置き換える

稲佐の浜へのアクセス

稲佐の浜へのアクセス方法は出雲大社連絡所(バス停)から西へ歩いて約15分ほどです。出雲大社の二の鳥居からだと約20分くらい歩きます。

歩いて行くとちょっと距離があるので出雲大社のバスターミナルから日御碕行のバスに乗って行くこともできます。

バスだと3分くらいで稲佐の浜に行くことも出来るんですけど、バスの本数が少ないので出雲市駅から出雲大社連絡所(終点)で降りて歩いていくか、タクシーでいっても800円~900円ほどでいけます。

バスは本数が少ないから行きか帰りかのどちらかで利用すると便利ですよ。

出雲市駅からバスで出雲大社まで行かれる場合は出雲大社連絡所(終点)までバスで行き、そのまま連絡所から日御碕行のバスに乗ると10~20分ほどの待ち時間でバスの乗り継ぎができます。

一畑バス時刻表 【大社・日御碕線】の詳細はこちら

稲佐の浜の弁天島を参拝してから砂を採る

稲佐の浜には小さな島「弁天島」があり、小さな神社も祀られています。

弁天島に祀られている神様は豊玉毘古命(トヨタマヒメ)。

トヨタマヒメは一番最初の天皇の神武天皇の祖母。ちなみにトヨタマヒメの旦那さんは火折尊(ほおりのみこと)で天照大御神の孫で天孫降臨した瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)の息子です。

稲佐の浜には売店とか何もないので砂を採りに行く場合は家からビニール袋やジップロックを持っていかれるといいですよ。

出雲市駅のコンビニで買い物をした時にもらうビニール袋でもかまいません。

100均とかで売ってるチャック付袋があると便利ですよ。見た目的にはコンビニのビニール袋よりはいいです。(笑)

稲佐の浜の詳細はこちら

出雲大社の正式参拝ルートは?

稲佐の浜で砂を頂いて二の鳥居からスタートして祓社、本殿、本殿周辺を反時計周りに進み東十九社などの各御社殿を参拝してから素鵞社(そがのやしろ)を参拝します。

出雲大社の参拝作法は全部2礼4拍手1礼です。

採ってきた砂を素鵞社(そがのやしろ)に置き換え持ち帰る

素鵞社(そがのやしろ)の社殿の左側の床下に砂の箱があります。

砂の箱は2つあり、稲佐の浜で採ってきた砂を入れます。そして元々ある砂を頂き持ち帰ります。

ただ写真のように行った時間帯や日によっては元々ある素鵞社(そがのやしろ)の砂と稲佐の浜の砂がどっちなのか分りにくい場合もあります。

箱の手前の山になってるのが稲佐の浜の砂で箱の奥の方でみんな掘ってる辺りの砂が元々ある素鵞社(そがのやしろ)の砂っぽかったので奥の方の砂を頂いて持ち帰りました。

素鵞社(そがのやしろ)の本殿の裏にはパワースポットの岩もあるので岩にそっと両手で触れてみてくださいね。

あと、素鵞社(そがのやしろ)へは4時か4時半を過ぎると参道にロープが張って立ち入り禁止になるので素鵞社へ行かれる場合は時間にも気をつけてくださいね。

出雲大社の砂の使い方は?お守りにもなる?

素鵞社(そがのやしろ)で頂いた砂の使い方はそのままお守りとして使ったり、家の土地や田畑にまいて清めたりすることができます。

四隅に砂をまけない場合は玄関先や庭とかにまいたりします。また家を建てる時に土地の四隅と中央にまくと土地を清めることができます。

御砂の使い方の詳細は奈良県にある大神神社公式サイトに掲載されているので参考にしてみてください。公式サイトの詳細はちょっと字が小さいから読みにくいけど・・・(>_<)

御砂の使い方の詳細はこちら【大神神社公式サイト】

まとめ

出雲大社の参拝方法で砂を持ち帰るには最初に出雲大社の西に位置する稲佐の浜に行き、浜の砂を採ってきてから出雲大社の本殿奥に位置する素鵞社(そがのやしろ)へ参拝します。

そして素鵞社(そがのやしろ)の社殿の左側の床下に砂が入ってる箱があるから稲佐の浜で採ってきた砂を床下の砂箱に入れて、最初からある砂を持ち帰ります。

素鵞社へは4時か4時半を過ぎると立ち入り禁止になるから時間にも気をつけてくださいね~!

出雲大社の3ヶ所で頂ける御朱印も合わせて集められる場合は出きれば3時頃までには出雲大社へ参拝された方がいいかもしれません。

出雲大社の御朱印は3ヶ所で頂ける!種類や料金は?何時から頂ける?

【関連記事】
出雲大社の所要時間は?何時まで参拝できる?周辺ランチやぜんざいもご紹介!
出雲市駅から出雲大社へはバスと電車どっちがアクセス便利?行き方もご紹介!
大阪から出雲大社への行き方は?電車・高速バス・飛行機どれが安くて便利?アクセス方法を比較してみました!


記事の内容は公開時のもので変更されている場合があります。実際にお出かけ前やサービス利用前には公式サイトで確認お願いします!株式投資や投資信託、金への投資は購入時の価格を下回るリスクがあるので資金管理、リスク管理が大切です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

もしこの記事が気に入っていただけましたら、はてなブックマークやfacebookでシェアしていただけると幸いです。ものすごく励みになります!