SBI証券の為替手数料は米国株だと1ドル何円?お得な両替方法もご紹介!

もしこの記事が気に入っていただけましたら、はてなブックマークやfacebookでシェアしていただけると幸いです。ものすごく励みになります!

米国株を買う時に必要な円からドルへ両替する時にかかってくる為替手数料。ドルでも円でも米国株を買うときには、どっちにしても為替手数料がかかってきます。

アメリカ株って株を買う時の手数料も結構するから、できるだけ為替手数料は安くしたいですよね。

SBI証券ではドルの為替手数料は買う場所によって変わってきます。同じSBI証券で米国株を買うんですけど、為替の両替をする場所によって為替の手数料が違ってきます。

「なんで同じSBI証券なのに違うの?」って思いますよね。これはマネックス証券や楽天証券にはないSBI証券だけのメリットなんです。なぜ違うのかは記事を参考にしてみてくださいね。

今回はSBI証券の為替手数料は1ドル何円するのか、またどこで両替したらお得にドルを買えるのかご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

SBI証券の為替手数料は1ドル何円?

SBI証券では為替手数料はSBI証券口座、住信SBIネット銀行、SBI証券FXaと3ヶ所で日本円⇔米ドルの両替をすることができます。それぞれ買い方が違うから為替手数料も違ってます。

手数料
SBI証券口座(為替取引) 0.25円 (25銭)
住信SBIネット銀行(外貨預金) 0.04円 (4銭)
SBI証券FXa(FXの現物取引) 0.005円 (0.5銭)

SBI証券の為替手数料は米国株を買う時だと1ドルにたいして、SBI証券だと0.25円、住信SBIネット銀行だと0.04円、SBI証券FXaだと0.005円となっています。

例えば1万ドル分の両替をしようと思ったら為替手数料はそれぞれ、SBI証券口座だと2500円、住信SBIネット銀行だと400円、SBI証券FXsだと50円と、FXと証券口座では50倍もの差があります。

1万ドル両替したら
SBI証券口座 2500円
住信SBIネット銀行 400円
SBI証券FXa 50円

この手数料だけみたら「FXが一番いいんじゃない?」って思いますよね。私も最初はそう思ったんですけど、FXにはデメリットがあるんです。うまい話には裏がありますね、やっぱり。

まず3つの中で一番簡単な両替方法としては、SBI証券口座でドルを買う方法です。ただ簡単なだけあって為替手数料が高いです。

でも住信SBIネット銀行やSBI証券FXの口座を持ってない方だと、証券口座内での円→ドルの両替が一番便利です。

そして一番為替手数料が安いのはSBI証券FXs。

ただこれはちょっとハードルが高くて、FXの口座もSBI証券の口座も両方持ってないといけないし、しかも取引単位が1万ドル(1ドル108円だと108万円)とちょっと金額が大きくなってしまいます。金額が大きくないと取引できないのがデメリットですね。

そこでおすすめなのが住信SBIネット銀行を使っての為替振替(円からドルへの両替)。住信SBIネット銀行の口座を開設する必要はありますが、ATMから入金してもすぐ金額が反映されるし、ドルを買ってもすぐに反映されるし、SBI証口座で買うよりも格段に為替手数料が安いです。

SBI証券の為替取引時間(約定タイミング)は?

FXでの為替取引はちょっと金額が1万ドルからと高額でハードルが高いので、ここからはSBI証券口座と住信SBIネット銀行での為替取引の時間(どのタイミングでドルが買えるのか)をご紹介したいと思います。

SBI証券口座 毎営業日1日2回(10:00、14:30)
住信SBIネット銀行 リアルタイム注文、指値注文、複合指値注文(IFD・OCO)

SBI証券口座だと1日2階の決まった時間に為替のレートが決まり、その決まったレートでドルを買います。

住信SBIネット銀行ではリアルタイムで買うことができるので、タイミングがよければSBI証券口座内で買うよりも安いレートで、しかも為替手数料も安く買うことができます。

例えば今回私が住信SBIネット銀行で買ったレートは1ドル108.06円。同じ時間帯に見たSBI証券の為替取引のレートは1ドル108.42円。

なのでタイミング次第では住信SBIネット銀行で上手に安く買うことも可能です。

指値注文だったら自分が欲しい金額まで価格がこないと買えないから決まった時間で買えないけど、よりいいレートで買いたい場合は指値注文もおすすめです。

まとめ

SBI証券で米国株を買う時に必要な1ドルあたりの為替手数料は、SBI証券だと25銭、住信SBIネット銀行だと4銭、SBI証券FXaだと0.5銭と買う場所によって違います。

一番安いのはFXだけど、1万ドルとまとまったお金が必要です。

なので小額から米国株を買いたい場合でSBI証券で米国株を始めるなら、住信SBIネット銀行の口座も開設してお得な為替手数料で日本円⇔米ドルの両替をするのがおすすめです!


記事の内容は公開時のもので変更されている場合があります。実際にお出かけ前やサービス利用前には公式サイトで確認お願いします!株式投資や投資信託、金への投資は購入時の価格を下回るリスクがあるので資金管理、リスク管理が大切です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

もしこの記事が気に入っていただけましたら、はてなブックマークやfacebookでシェアしていただけると幸いです。ものすごく励みになります!