金の現物購入で手数料が安い会社は?比較表を作ってみました!おすすめは?

もしこの記事が気に入っていただけましたら、はてなブックマークやfacebookでシェアしていただけると幸いです。ものすごく励みになります!

「金の現物を購入したいんだけど、手数料が安い会社はどこ?」

金の現物購入の方法は田中貴金属工業などの金地金商や三菱マテリアルなどの鉱山会社、銀行などでも購入することができます。

今回金の現物購入するにあたり、金を購入する時の手数料を調べてみました。

実は金を買う時の手数料って販売会社によって違うんです!

しかも金の現物を購入する時には、買う時だけでなく売るときにも手数料が必要になります。なので金を賢く買うにはこの手数料をいかに安くできるかがポイントです。

今回は金の現物購入時にかかる手数料と会社ごとの手数料の比較をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

金の現物購入とは?

金の現物購入は金の延べ棒のことでゴールドバーを買うことです。

サイズは購入できるお店にもよりますが、ゴールドバーのサイズは5g, 10g, 20g, 50g, 100g, 500g, 1kgとあります。

100gのゴールドバーでも以外と重たいんですよ。

500g未満のゴールドバーだと購入の際や売却の際に手数料がかかるので要確認ですね。

ゴールドバーを購入する際にもう一点気をつけたいのが各ブランドによってバーに刻まれている刻印。

ロンドン国際的金市場に登録されている刻印があるかどうかも大切です。

金現物購入の手数料比較表

今回金を購入するのに調べた会社はロンドン金市場の登録認定機関「ロンドン地金市場協会」に認定された会社と各会社の売買手数料の比較表を作ってみました。

500g以下だと手数料がかかると思ってたのですが、唯一日本マテリアルが100gのインゴットだと手数料がかからずゴールドバーを買うことができます。

日本マテリアルってあまり名前を聞かないから「大丈夫かな?」ってちょっと不安になるかもしれないんですけど、ちゃんとロンドン地金市場協会に認定されている会社なら安全性も高いです。

今回調べた中でどこでも購入できるという点でメリットが高かったのは銀行なのですが、三井住友銀行で手数料を調べてみたら100g、500g、1kgとあって1本につき売買のつど6,600円と高かったので今回は見送りです。

あと金を購入する時には買う時にかかる手数料だけでなく、売るときにも手数料がかかってくるので、金を安く買う方法はこの手数料をいかに安くできるかがポイントです!

金購入の場合の手数料

5g・10g・20g50g100g・200g・300g500g・1kg
田中貴金属4,400円8,800円16,500円無料
三菱マテリアル4,400円(5g)
3,300円(10g、20g)
8,250円無料
日本マテリアル無料
(取扱100gインゴット)
無料
徳力本店2,160円4,320円5,400円無料
第一商品取扱い1kgのみ 手数料無料

金売却の場合の手数料

20g未満20g以上~50g未満50g以上~100g未満100g以上~500g未満500g以上
田中貴金属2,200円4,400円8,800円16,500円無料
三菱マテリアル6,600円6,600円6,600円11,000円無料
日本マテリアル無料無料
徳力本店550円
(5g)
2,200円(10g)
2,200円(20g,30g)4,400円5,500円無料
第一商品取扱い1kgのみ 手数料無料

最新の手数料は各会社のサイトから確認できます。

田中貴金属田中貴金属の手数料の詳細はこちら
三菱マテリアル三菱マテリアルの手数料の詳細はこちら
日本マテリアル日本マテリアルの手数料の詳細はこちら
徳力本店徳力本店の手数料の詳細はこちら
第一商品第一商品の手数料の詳細はこちら

こうやって比較表にしてみると100gの少量を購入する際は日本マテリアルが手数料が安くていいですね。

また500g以上を取り扱ってる業者だと基本手数料もかかりません。

あと1キロ以上の単位で買う場合は、単価が安くなる第一商品がおすすめです。

基本金の1g辺りの単価って同じなんですけど、1キロ単位で買う場合は第一商品が一番単価が安くなります。

金現物購入のメリットは?

金の延べ棒を持つメリットは株と違って紙クズにはならないということです。

また5g単位から買うこともできるのでコツコツとコレクションするにも手軽に始めることができます。

5年以上保有すると売却時の譲渡所得の課税が軽減するので長期投資としてもいいですね。

あとは純金積み立てと違って保管料などの手数料もかからないのでそういう意味ではコツコツ積み立てるよりは金の現物購入の方がおすすめです。

あとはやっぱり有事の金ですね!

地政学リスクが出た時は金の価格は株価ほど下落幅が出ないので、安全資産の一部として資産の一部に組み込むのもおすすめです。

金現物のデメリットは?

金の現物購入のデメリットは購入時や売却時の別途手数料が高い点です。

手数料は500g未満からかかってきます。

あとは販売会社ごとに手数料は違うので見比べてから自分にあった会社を選ぶのがおすすめです。

また売却する時は違う会社で売ろうとすると査定料もかかるので売る時は買った時と同じ会社で売る必要がありますね。

コツコツ小額で買い集めて500g以上になって手数料がかからなくなってから売却するのがいいですね。

あともう一つのデメリットとしては金の現物購入は金利がつかない点も要注意です。

金購入はクレジットカードでも買える?

残念ながらゴールドバーやメープルリーフを田中貴金属や日本マテリアルの店舗で買う時は現金のみになります。

ただ1gから購入できるインゴットタイプを楽天とかの通販サイトだとクレジットカードでも購入することができます。

ただ100gをきってるからやはり手数料がちょっとかかるから1gの単価としてはちょっと高めですよね。

でも1gってお守り代わりに財布にいれておくとか、プレゼント用にとかにちょうどいいですよ♪

私はインゴット1gの代わりにメープル金貨1gをお財布に入れてます♪見た目がメープルリーフのほうが可愛いですよね。

まとめ

kin_tosh002

金の現物購入には購入時や売却時に手数料がかかってくるし、しかも手数料は会社によって違ってきます。

なのでどこで金を買うのかが重要になってきます。

100gの金を買う場合は日本マテリアルのインゴットが唯一手数料がかからないし、500グラム以上だと手数料がかからない会社が多いです。

各社の手数料の違いを見ながら自分に合った金の現物購入から金投資を始めてみてくださいね。

▽こちらもどうぞ
純金を買うにはどうしたらいいの?買える場所や買い方をご紹介!
田中貴金属の純金積立が1年経過しました!気になるその経過は?
初心者にもおすすめの純金積立!そのメリット・デメリットとは? 




記事の内容は公開時のもので変更されている場合があります。実際にお出かけ前やサービス利用前には公式サイトで確認お願いします!株式投資や投資信託、金への投資は購入時の価格を下回るリスクがあるので資金管理、リスク管理が大切です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

もしこの記事が気に入っていただけましたら、はてなブックマークやfacebookでシェアしていただけると幸いです。ものすごく励みになります!