関西から由布院温泉と阿蘇山へ観光に行ってきました!~九州旅行前編~

もしこの記事が気に入っていただけましたら、はてなブックマークやfacebookでシェアしていただけると幸いです。ものすごく励みになります!

yufu_08

10月の3連休を利用して関西から九州へ2泊3日の旅行へ行ってきました。

今回の目的は

・由布院温泉
・阿蘇山
・馬刺し
・九州の豊かな自然に触れる

というコンセプトの元、予算は2泊3日夕朝食付きレンタカーも付き1人6万円。結構タイトな予算の中、宿のレベルも落としたくないしと色々とリサーチしました。

旅のルートは新大阪~博多~由布院~阿蘇山~熊本~新大阪。

由布院から阿蘇エリアはレンタカーで移動。由布院からでも車でだいたい2時間ほどあれば阿蘇山エリアに行くことができるのでここはレンタカーでの移動がベストですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

由布院温泉へのアクセス

yufu_09
由布院へは大阪からだと新幹線で博多まで行き、そこからゆふ号またはゆふいんの森号に乗りかえ、由布院駅で下車。

今回博多で乗り換え時間が1時間以上あったので博多駅構内でラーメンが食べられるとネットに乗っていたので博多ラーメンを食べに行ってきました!

yufu_02

ちょっと歩くのかなと思ったら由布院行きの電車が出るプラットホームに立ち食いのラーメン屋さんがありました。食券を買うスタイルです。

yufu_01

yufu_03

駅プラットフォームだからあまり期待はしてなかったのですが、いやいや、めっちゃ美味しいんです!固めの細麺にとんこつスープ、博多ラーメントいえばキクラゲもちゃんと乗っていて、しかもラーメン520円とお手ごろ価格。ちょっと早めの新幹線で行って駅のホームで本場博多ラーメンを食べるのもおすすめです。

◆今回の電車のスケジュール

10:42 新大阪

↓ 新幹線のぞみ 149分

13:11 博多

↓ 乗り換え84分

14:35 博多

↓ 特急ゆふいんの森 129分

16:44 由布院

博多から由布院へはゆふ号かゆふいんの森号の2種類がありますがどうせ乗るならゆふいんの森号の方が車両デザインも旅行気分を盛り上げてくれ、大豆アイスクリームや特製プリン、お弁当やオリジナルグッズなどを車内のビュッフェで購入することができるのでおすすめです。

yufu_05

由布院行きの特急はどちらも人気があるので10月3連休の予約を取ろうと思い発売(JRの予約は当日1ヶ月前から受付)2日後に行ったら早い時間帯のゆふ号、ゆふいんの森は完売だったので夕方着の便になりました。

yufu_04

yufu_06

椅子のポケットにはメニューがはいってます。

yufu_07

大豆の味がとっても美味しいアイスクリーム。

yufu_08

連休に由布院に行く計画をするなら発売当日に由布院行きの特急を押さえる必要がありますね。

特急ゆふいんの森
https://www.jrkyushu.co.jp/trains/yufuinnomori/

由布院での宿

yufu_10

駅正面に見える由布岳。

由布院温泉にはオシャレな宿や高級な宿が沢山あります!前回は草庵秋桜に宿泊してよかったので今回も予約しようと思ったらこれまた満室。3連休みんな動きが早いですね。

金鱗湖周辺の宿となると結構高い宿が多いので今回は駅から少し離れた小高い場所に位置する「柚富の郷 彩岳館」に宿泊することにしました。

宿の決め手は貸切露天風呂と露天風呂からの景色が絶景な所がポイントでした。料金も3連休ながら1泊2日で16,950円とリーズナブル。

柚富の郷 彩岳館
大分県由布市湯布院町川上2378−1
http://www.saigakukan.co.jp/

駅に着いたら宿に連絡すると無料の送迎車が迎えにきてくれます。宿までは送迎車で約10分。

yufu_13

由布院に着いたのが17時前だったのでちょっと日も暮れ宿に着く頃には日が沈み風情ある雰囲気のお宿に見えました。

yufu_11

チェックインを待ちながら柚子風味のお菓子とお抹茶を頂きました。

yufu_12

お風呂の待合室。無料のお茶もありました。

貸切風呂は2つありどちらからも由布岳を眺めることができる露天風呂はやっぱり最高ですね!10月初旬といえど由布院は結構寒く、その寒さが露天風呂でちょうどいい温泉の湯加減を楽しむことができました。

yufu_15

夕食の前菜。

yufu_14

食事もボリューミーで大満足!旅は続いて由布院からレンタカーを借りていざ阿蘇山へ!

後編へ続く。


記事の内容は公開時のもので変更されている場合があります。実際にお出かけ前やサービス利用前には公式サイトで確認お願いします!株式投資や投資信託、金への投資は購入時の価格を下回るリスクがあるので資金管理、リスク管理が大切です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

もしこの記事が気に入っていただけましたら、はてなブックマークやfacebookでシェアしていただけると幸いです。ものすごく励みになります!