直島のアクセスで大阪・神戸からの行き方は?日帰り観光でも行けるよ!

もしこの記事が気に入っていただけましたら、はてなブックマークやfacebookでシェアしていただけると幸いです。ものすごく励みになります!

naoshima11

岡山県と香川県の間、瀬戸内海に浮かぶ島「直島」。

穏やかな瀬戸内に浮かぶ直島はアートアイランドとしても有名で島内に建つ安藤忠雄建設の美術館巡りだけでなく、様々なアーティストが作る美術品を島内で見ることができ、国内外を問わず多くの観光客に人気の島です。

そんな直島に大阪から日帰りで行ってきました。遠くて日帰りは厳しそうと思われそうですが、新幹線を使えば意外と日帰りでも十分に満喫することが出来るから是非行ってみてくださいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大阪や神戸から直島へのアクセスは?

naoshima01

大阪や神戸から直島へ新幹線で行くなら「こだま指定往復きっぷ」が断然おすすめ。

この切符は2人以上で予約する必要があり、時間も限定のこだまと本数も少ないのですが直島に行く船が出る岡山まで新大阪からでも往復で7600円、神戸からだと往復7200円ととってもお得!

ちなみに新大阪からのぞみで岡山まで行くと片道6430円、往復で12860円もするからかなり安く行くことができますよね。

こだま指定往復きっぷの詳細はこちら

岡山駅から直島までは、先ずバスで岡山駅から宇野港まで行き、そこから船で直島に渡ります。

岡山から出ている宇野港に行くバスは「玉野渋川特急線」。なんですけど宇野駅に行くバスなら宇野港で降りて宇野港まで歩いて3~4分なので宇野駅に停まるバスでも大丈夫です。

バス:岡山⇔宇野港のバス
岡山⇔宇野港のバスの詳細はこちら

船(フェリー):宇野港⇔宮浦(宮島)
宇野港⇔宮浦(宮島)のフェリーの詳細はこちら

バス:直島内のバスの時刻表
直島内を走るバスの時刻表はこちら

今回行った大阪からの直島までのモデルコース

naoshima12

出発地は大阪ですけど、新幹線は途中新神戸にも停まるから神戸からの行き方にも参考にしてみてくださいね。

■往路プラン
9:35 新大阪駅
9:48 新神戸駅

↓ 新幹線こだま

10:42 岡山駅着
11:00 岡山駅発(バスに乗り換え)

↓ バス 2番のりば 渋川マリンホテル行き

11:53 宇野港
12:15 宇野港(フェリーに乗り換え)

↓ 船(フェリー)

12:35 宮浦港 直島着

直島滞在 約6時間半

■復路プラン
19:02 宮浦港

↓ 船(フェリー)

19:22 宇野港
19:50 宇野港

↓ バス 岡山駅行き

20:50 岡山駅
21:24 岡山駅

↓ 新幹線(こだま)

22:25 新神戸
22:38 新大阪

時刻は2018年6月調べなので最新は各運行会社のホームページで調べてくださいね!

直島日帰り観光モデルプラン

naoshima02

宮浦港に着いたらすぐ目の前にあるバスターミナルからバスにのって美術館を目指します。

naoshima11

宮浦港の船乗り場にある赤いかぼちゃ。これは帰りに撮った写真。

直島のシンボル黄色いかぼちゃ

naoshima05

直島といえばシンボルにもなっている黄色いカボチャ。

naoshima03

この黄色いカボチャがある浜までは宮浦港からバスで行きます。レンタサイクルしても小さな島なのでいいかもしれないですね!

naoshima04

遠浅な浜は穏やかな波で開放感溢れる雰囲気です。離島に遊びに来た!って雰囲気がいいですね。

ベネッセハウス ミュージアム

naoshima13

先ず最初に訪れたのがベネッセハウスミュージアム。ここはホテルも近くにあり地下にはレストランもあるのでランチもいいですね。

naoshima06

屋外展示場のオブジェ。

naoshima07

これはちょっと離れた所にあったオブジェ。

naoshima08

ベネッセハウスミュージアムから次の美術館「李禹煥美術館」へ向かう途中からの景色。この日は暑い日でしたがバスを待つのがめんどくさくて歩いていきました。のんびりと流れる時間を楽しむのにプチ散策気分で歩いてみるのもいいですね。

ベネッセハウス ミュージアム
開館時間:8:00~21:00
鑑賞料金:1,030円
ベネッセハウス ミュージアムの詳細はこちら

李禹煥美術館

naoshima09

坂を上った先にひっそりと位置する李禹煥美術館。

李禹煥美術館
開館時間
3月~9月:10:00 ~ 18:00
10月~2月:10:00 ~ 17:00
休館日:月曜日(祝日の場合開館、翌日休館)
鑑賞料金:1,030円
李禹煥美術館の詳細はこちら

地中美術館

naoshima14

そして今回メインの地中美術館。美術館の中には瀬戸内海の美しい景色を眺めることができるカフェもあるので疲れた時の一休みにおすすめです。

地中美術館
開館時間
3月~9月:10:00 ~ 18:00
10月~2月:10:00 ~ 17:00
休館日:月曜日(祝日の場合開館、翌日休館)
鑑賞料金:2,060円
地中美術館の詳細はこちら

まとめ

遠いと思う直島ですが、大阪・神戸からでも新幹線のこだまを使って朝早くから計画的に出発すると日帰りでも十分楽しむことが出来ます!

まだ直島に行った事がない方、ゆ~ったりと流れる島の時間おすすめですよ~!

【関連記事】
関西から電車とバスで行けるおすすめ日帰り旅行14選!
淡路島観光にオススメの穴場立ち寄りスポット7選! 
宮島観光時間別おすすめルート!ロープウェイを使って弥山登山も楽しめるよ!
広島尾道のリゾートホテル「ベラビスタスパ&マリーナ尾道」へ行ってきたよ!
日本の懐かしい風景が広がる「美山かやぶきの里」!おすすめカフェ情報も! ! 


記事の内容は公開時のもので変更されている場合があります。実際にお出かけ前やサービス利用前には公式サイトで確認お願いします!株式投資や投資信託、金への投資は購入時の価格を下回るリスクがあるので資金管理、リスク管理が大切です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

もしこの記事が気に入っていただけましたら、はてなブックマークやfacebookでシェアしていただけると幸いです。ものすごく励みになります!