東大寺の観光所要時間は?御朱印の時間は何時まで?周辺ランチやカフェ情報もご紹介!

もしこの記事が気に入っていただけましたら、はてなブックマークやfacebookでシェアしていただけると幸いです。ものすごく励みになります!

奈良といえば東大寺の大仏様が有名ですよね。

東大寺って境内がかなり広いので全部を見て周ろうと思ったら2~3時間ほどかかるのですが、サクッと大仏様が見れる大仏殿だけならそれほど所要時間もかかりません。

なので春日大社や奈良公園と合わせて半日ほどで観光することもできます。

初めて奈良へ行かれる場合は、色々観光名所を周る時間も欲しいから東大寺はサクッとプランがおすすめです。

今回は東大寺の観光所要時間の目安と東大寺の大仏殿で頂ける御朱印の時間、周辺のランチやカフェ情報をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

東大寺の観光所要時間は?

東大寺の境内には大仏様を拝見できる大仏殿だけでなく法華堂、二月堂、戒壇堂、俊乗堂、開山堂と境内には色々と見どころもあるのですが、今回ご紹介する観光所要時間の目安は大仏殿だけの所要時間です。

東大寺の大仏殿の観光所要時間の目安は約40分~1時間です。

これは東大寺の南大門から大仏殿までの往復の歩く時間も含めた所要時間です。あと拝観チケットを買うのに並ぶか並ばないかで所要時間は多少前後します。

南大門の横には駐車場があって、観光に便利なぐるっとバスのバス停があります。東大寺のバス停に着いてまた次のバスに乗ろうと思った場合は、だいたい1時間後のバスが目安ですね。

東大寺境内の地図はこちら

東大寺の参道にいた鹿。奈良には東大寺の参道だけでなく、どこにでも鹿がいます。

奈良の鹿は鹿せんべいを持ってなければそれほど攻撃的じゃないから大丈夫ですよ。逆にエサを持ってないって分るとよってこない賢い鹿です。(笑)

東大寺の参道はかなり長いです。目の前に見えているのが東大寺の南大門。

国内最大級の山門だけあってその大きさは間近で見るとまさに圧巻です。

そうそう、東大寺の参道には鹿のフンもコロコロ転がってるので足元には十分気をつけてくださいね。

南大門の両脇には迫力満点な仁王像の金剛力士像が配置されています。

南大門を通り真っ直ぐ進むと中門が見えてきます。中門は真っ直ぐ進むことができなくて、大仏殿の受付がある左へ進みます。

東大寺大仏殿の入場料は中学生以上600円、小学生300円です。

受付を通って大仏殿の中門から見る大仏殿。大仏殿も大きいですよ~。

大仏殿の中にはいったらすぐ目の前に巨大な大仏様があります。

東大寺といえば穴くぐりも人気がありますね。穴の開いた柱がある場所は大仏殿の北東にあります。

建物の北東といえば「鬼門」。この柱は鬼門に建っていてその柱に穴を開けることによって邪気を逃がしているといわれています。

東大寺の穴はくぐることができたら、無病息災や祈願成就のご利益があるとも言われています。

ただ大きさは横幅30センチ、高さ40センチくらいなので大人がくぐるのはちょっと難しいですね。小学生の子供でもなんとかやっとくぐれる大きさです。

私も小さい時はくぐれたけど大人になった今はどうだろう・・?でも行列が出来ている時は恥ずかしいのでいつか誰も並んでいない時にチャレンジしてみようかな?と思いました(笑)

東大寺の御朱印の受付時間は?

東大寺の大仏殿の御朱印の受付時間は大仏殿の拝観時間と同じになります。季節によって時間が違うので東大寺の公式サイトで拝観時間も確認してから行きましょう。

御朱印の時間:4月~10月:7時半~17時半、11月~3月:8時~17時
料金:300円

東大寺大仏殿の御朱印の種類は1種類で大仏殿の中を左周りの順路で進んだ場合、出口付近で頂くことができます。

順路を左周りに進まない場合は大仏殿に入ってすぐ右側にあります。でも出来るだけ最初に参拝してから御朱印を頂くようにしましょうね。

御朱印の書き手の方は3~4人ほどいるのでそれほど待つこともなく頂けました。

東大寺周辺のランチやカフェ情報

東大寺周辺のランチといえば釜飯が美味しい「志津香」や奈良といえば柿の葉寿司の「ゐざさ」、カフェならテラス席がある「TEN.TEN.CAFE」が近くでおすすめです。

ただこの3つのお店は東大寺に本当に近いから週末だと混雑します。最近は平日でも外国人観光客の方が多いので東大寺周辺はいつも混雑していますね。

東大寺周辺でちょっと外した場所でおすすめのランチところといえばキッシュ専門店の「レ・カーセ」が落ち着いた雰囲気でおすすめです。東大寺からだと歩いて15分。

レカーセはキッシュ以外のスープもお野菜も全て美味しいです。ただこぢんまりとしたお店で席数が少ないので週末に行かれる場合は予約されることをおすすめします。

カフェなら可愛いケーキの「空気ケーキ。」もおすすめ。東大寺からだと歩いて20分。

空気ケーキは奈良定番の人気のスイーツです♪空気ケーキは軽い食感で甘さも控えめで美味しいケーキです。

可愛い見た目とサイズ感がいい感じ。小さくて軽い食感だから罪悪感も低いです(笑)

東大寺への行き方

東大寺への行き方は、最寄り駅の近鉄奈良駅の東北出口(1番出口)から出で、21番乗り場から出ている100円のぐるっとバス「大宮通りルート」に乗って大仏殿前駐車場で降りて歩いて5分ほどです。

近鉄奈良駅
↓ バス4分
大仏殿前駐車場
↓ 歩いて5分
東大寺大仏殿

近鉄奈良駅のバス乗り場の詳細はこちら

ぐるっとバスは1回100円で乗れるから奈良の滞在時間が短い時に時間短縮できるので便利でおすすめです。ぐるっとバスは平日だと30分間隔、土日祝だと15分間隔で出ています。

近鉄奈良駅から東大寺まで歩いて行くことも出来るんですけど歩いた場合は2キロほどあるので約20分ほど歩きます。ちょっと距離もあるからしんどいですよね。

ぐるっとバスの詳細はこちら

東大寺から春日大社

東大寺と合わせて観光に行きたいのが春日大社。

東大寺から春日大社までは歩いて行くと約1.3キロで15分ほどです。ちょっと遠いですよね。歩くのがしんどい場合はバスがおすすめ。

東大寺から春日大社へは東大寺の駐車場から出ているぐるっとバス「大宮通りルート(青色のバス)」に乗って約7分、春日大社本殿バス停で降りて春日大社の本殿まで歩いて3分ほどで行くことができます。

大仏殿前駐車場
↓ バス 3分
春日大社本殿バス停
↓ 歩いて3分
春日大社

まとめ

東大寺の観光所要時間は大仏殿だけだと1時間ほどの目安で見て周ることができます。

東大寺は境内が広いので初めて奈良へ行かれる方だと一番有名な大仏様が拝観できる大仏殿へ行き、その後春日大社も合わせて参拝してみてくださいね。

東大寺
奈良県奈良市雑司町406−1
東大寺の公式サイトはこちら

【関連記事】
奈良観光の女子旅モデルコース半日プラン!所要時間4時間で回るおすすめの奈良満喫旅!


記事の内容は公開時のもので変更されている場合があります。実際にお出かけ前やサービス利用前には公式サイトで確認お願いします!株式投資や投資信託、金への投資は購入時の価格を下回るリスクがあるので資金管理、リスク管理が大切です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

もしこの記事が気に入っていただけましたら、はてなブックマークやfacebookでシェアしていただけると幸いです。ものすごく励みになります!