醍醐寺の観光所要時間や見どころは?桜の絶景を見に行って来た!

もしこの記事が気に入っていただけましたら、はてなブックマークやfacebookでシェアしていただけると幸いです。ものすごく励みになります!

dai_sa24

京都の桜で有名な醍醐寺へお花見に行って来ました。

醍醐寺はみどころが沢山あるので、観光所要時間もある程度あったほうがいいですね。

しかも桜の名所だから平日でもすごい人だから、時間には余裕を持っていかれることをおすすめします。

今回は醍醐寺の観光所要時間と見どころ、ランチ情報をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

醍醐寺の観光所要時間は?

醍醐寺の観光所要時間は約1時間が目安です。醍醐寺の中でランチをする場合は1時間ほどの所要時間があるとゆっくりできると思います。

dai_sa01

醍醐寺門前の左側の桜はいい感じに咲いていました。

dai_sa02

もうちょっと咲いたら満開という感じでした。

dai_sa03

醍醐寺の見どころ 三宝院

醍醐寺の見どころといえば「三宝院」「伽藍」「霊宝館」の3ヶ所があります。

先ず。三宝院で先に拝観券を購入します。伽藍ではチケットの販売はないのでここか、霊宝館で拝観券を購入することもできます。

dai_sa04

三宝院入って左側すぐの桜。見事な見ごろを迎えた桜です!溢れんばかりに咲くサクラがめっちゃキレイですね~♪

dai_sa05

どこを見渡しても見事な桜!圧巻です。

dai_sa06

dai_sa07

満開の時の醍醐寺の桜は本当に絶景ですよ~♪

dai_sa11

そして混雑度もすごいです。桜の回りにすごい人がいます。

dai_sa08

桜の季節には奥の憲深林苑では花見席が開催されていました。桜を見ながらお弁当が食べられます。

dai_sa09

ここは前回来た時に早咲きの河津桜が咲いていた場所ですね。この日はもう満開でした。

dai_sa10

醍醐寺の見どころ 伽藍

dai_sa13

続いて金堂のある伽藍へ向かいます。平日なのにすごい人ですよね。

dai_sa14

桜と朱色の門の見事なコントラストショット!

dai_sa15

清瀧宮拝殿と桜。

dai_sa16

五重塔と桜。

dai_sa17

dai_sa18

金堂と桜。

dai_sa19

金堂すぐ横に咲く立派な桜。この桜の木は本当に立派で見ごたえありますよ。

dai_sa20

弁天堂と桜。

dai_sa21

門からみた桜。

醍醐寺の見どころ 霊宝館

dai_sa22

いよいよ最後の霊宝館へ。霊宝館の枝垂れ桜が醍醐寺一番の桜のみどころです!

dai_sa23

dai_sa24

雑誌に載っている醍醐寺の桜といえば霊宝館のしだれ桜。このしだれ桜は本当に見事です!!

醍醐寺の拝観料

拝観料:大人800円、中高校生600円
【春、秋】拝観料:大人1500円、中高校生1000円

通常は大人800円なんですけど、桜の季節の春と、紅葉の季節の秋は料金が違います。なので桜の季節に行かれる場合は、桜が咲いてるのを確認してから行くようにしましょう。

じゃないと、早く行きすぎると桜が咲いてないのに、拝観料だけ高くとられちゃいます。

醍醐寺の境内にある雨月茶廊でランチ!

dai_sa04

醍醐寺の境内にはランチが出来る「雨月茶廊」があります。

dai_sa05

雨月茶廊でのランチは桜の季節は予約が必須です!

dai_sa06

入ってすぐ正面の雨月茶廊へ。

dai_sa07

ゆばカレーや豆乳ゆば粥、桜弁当がありましたがもちろん桜弁当で!

dai_sa08

精進料理ですね~。ヘルシーです。

dai_sa10

面白い一品がコレ。桜餅を軽く揚げたものを餡かけ。この桜餅は砂糖はいってないのでおかずの一品ですね。

dai_sa13

桜が見ごろの時期、醍醐寺の雨月茶廊でランチをするなら予約が必要です!

予約をするならこの一休限定プランがお得ですよ。

雨月茶廊の奥にある精進料理雨月茶屋では醍醐寺拝観券付のランチプランが5,280円⇒3,780円と28%OFFの期間限定のお得なセットもあります。

醍醐寺でゆっくりランチを楽しみたいなら雨月茶屋おすすめですよ♪

雨月茶屋を一休.comレストランで予約する

あと、醍醐寺周辺にはあまりランチをする場所がないので、桜がピークの季節は前もって予約をしておくか、醍醐駅にあるアルプラザ醍醐内で軽く食べるとか決めておくとランチ難民にならなくてすむと思います!

dai_sa25

雨月茶廊があるスペースにもやきそばやお団子屋さんなどの出店もあります。

一番食べたかったゆばまんは午前中で売り切れてました・・・。一足遅かった。ゆばまんは午前中にゲットする必要がありますね!

醍醐寺への行き方

電車

醍醐寺へのアクセスは京都の次ぎの山科駅で降りて地下鉄醍醐寺駅から歩いて約15分です。

京都駅
↓ JR東海道線 5分
山科駅
↓ 地下鉄 10分
醍醐駅
↓ 歩いて15分 またはバスで5分
醍醐寺

京都駅から直通バス

京都駅から京阪バス「山科急行」だと醍醐寺まで乗り換えなしで約30分で行けるから京都駅からバスも便利です。

京都駅から醍醐寺へのアクセス方法の詳細はこちらの「京都駅から醍醐寺へのアクセス方法は?地下鉄、バス別に詳しくご紹介!」も参考にしてみてくださいね。

まとめ

醍醐寺の観光所要時間は約1時間が目安です。普通に周って1時間くらいなので、醍醐寺の境内でお茶やランチをする場合は2時間ほどの所要時間をみておかれたほうがいいですね。

また桜の季節は人も多いので、ゆ~っくり桜を満喫したいという方は1時間半ほどの所要時間があるといいですよ!

【関連記事】
桜の見頃時期に京都清水寺・高台寺へお花見へ行ってきました【前編】
哲学の道の桜を楽しむおすすめのコース!【京都桜】
伏見稲荷の頂上へ!参拝時間の目安や御朱印、駐車場の時間は?稲荷山へハイキングに行ってきたよ!




記事の内容は公開時のもので変更されている場合があります。実際にお出かけ前やサービス利用前には公式サイトで確認お願いします!株式投資や投資信託、金への投資は購入時の価格を下回るリスクがあるので資金管理、リスク管理が大切です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

もしこの記事が気に入っていただけましたら、はてなブックマークやfacebookでシェアしていただけると幸いです。ものすごく励みになります!