【高野山一乗院の宿泊口コミ】アメニティも豊富で素敵な宿坊へ泊まってきた!【旅行記】

もしこの記事が気に入っていただけましたら、はてなブックマークやfacebookでシェアしていただけると幸いです。ものすごく励みになります!

高野山といえばお寺に泊まる宿坊経験、一回は体験してみたいですよね。

でも宿坊って聞くと「古いお寺っぽいからトイレとか水周りは大丈夫かな?」「夏だとクーラーがないかも?」とホテルと違うから色々心配な面もありますよね。

実際に一乗院に泊まってみると、ウォシュレット付きのトイレが完備されてるし、お風呂場もホテル並みのアメニティが充実していて予想をはるかに上回る宿坊でした。

部屋によっては部屋にもトイレやお風呂付の部屋もあるから「ここは本当に宿坊?」って思ってしまうくらいの充実ぶりです。

そしてなんと言っても一乗院は精進料理が美味しいと評判な宿坊。ご飯が美味しいのも大切なポイントですよね。

今回は高野山一乗院の宿泊口コミをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

高野山一乗院の部屋

高野山一乗院の部屋にはお風呂とトイレ付きのスイートルームから、トイレ付きの部屋、トイレなしの部屋と3タイプの部屋があります。

部屋の名前 部屋の設備
貴賓室 【奥書院】 36畳  / 洗面・トイレ 奥書院専用 総檜風呂付
【菩提樹】の間 和室8畳+6畳+踏込み / トイレ付
【沙羅】の間 8畳 / トイレ付
【梢月亭】の間 8畳 / トイレ付
【石楠花】の間 10畳 / トイレ付
【桐】の間 和室8畳+踏込み+広縁 / トイレ付
【松】の間 和室8畳+次の間+踏込み / バス・トイレ付
【楓・柊・木蓮】の間 8畳 / トイレ付
本館 8畳+次の間4畳 / トイレなし

今回私が泊まった部屋は本館のトイレなしの部屋です。

本館の部屋のドアは障子。だから部屋に入った時「もしかして鍵がない?」って思ったんですけど、障子の内側に鍵がついてます。

部屋にトイレとお風呂がない場所に泊まるのは初めてでちょっと心配だったんですけど、共同のトイレもウォッシュレット付きだし、洗面台もきれいで水周りがとってもキレイでぜんぜん快適でした。

合計12畳の部屋だから一人で泊まるとかなり広いですよ♪

手前の4畳の部屋に鏡やバスタオル、浴衣、歯ブラシ一式があります。この鏡が古風でまたいいですね~。

部屋の鍵は内側からしかかけられないのでお風呂に行く時には金庫に貴重品を入れてから行くようにしましょう。

本館の部屋にもちゃんとクーラーはついてます。食事は朝食、夕食ともに部屋食です。食堂じゃなく部屋でご飯が食べられるって贅沢な感じがしますね♪

しかも加湿器タイプの空気清浄機付き。もうどこのビジネスホテルかと思うくらい設備が充実しててびっくりです。「ここ本当に宿坊?」って思うくらい。

部屋ではWiFiもあります。

部屋から見る廊下側の景色。風情があっていいですよね~。窓は開いてるんですけど、夜には窓が閉ってすだれがかかります。

朝は5時くらいに廊下の窓を開けにくるのでそれで目が覚めるかも。私は目が覚めました(笑)朝のお勤めがあるからちょうどよかったですけどね。

高野山一乗院のアメニティ

本館のお部屋のアメニティは浴衣、丹前、ハミガキセット、タオル、バスタオルと一通り揃ってます。

歯ブラシもタオルもバスタオルも揃っているから着替えと化粧品だけで行くことができます。

浴衣もあるからパジャマとかなくても大丈夫ですね。

お茶セット。ポットにはちゃんと熱いお湯がもう用意されていました。ホテルでもポットは空のところが多いのに、すごいサービスだなぁ。

ちゃんとお菓子まであるんですよ!しかも2種類。

お茶を入れて一息つくのにちょうどいいですね。お菓子があるから「ここ温泉旅館だったっけ?」って錯覚してしまいそうです。

高野山一乗院の館内施設

一乗院の玄関入ったすぐの廊下。この廊下の先に大浴場があります。

一乗院を選んだ基準の一つがお風呂が広いこと。

一乗院の大浴場は結構広くてしかも洗い場のスペースが一人一人区切られたスペースになっているからちょっとプライベートも保たれているんですよね。

洗い場スペースも5人~6人くらい利用できるスペースがあったし浴槽も広いし、何よりもお風呂の時間が午後4時から午後10時までと宿坊の中でも結構遅くまで利用できたのもポイントですね。

浴室のアメニティは

女性浴室:ヘアブラシ、ヘアゴム、シャワーキャップ、コットン、綿棒、POLAのクレンジング、洗顔フォーム、シャンプー、コンディショナー、ボティーソープ、ドライヤー

男性浴室:くし、カミソリ、綿棒、シェービングフォーム、洗顔料、シャンプー、コンディショナー、ボティーソープ

あと冷水とドライヤーも完備。クレンジングと洗顔まで揃ってるのが女性にはうれしいですね。

一乗院は人気の宿坊だから平日でも宿泊されている方は多いです。私が宿泊した日は34、35人くらいのお客さんがいました。そして宿坊ってやっぱり女性のお客さんが多いです。

なのでお風呂に行く時間帯って結構気になります。できれば誰も居ないお風呂でゆっくりしたいって思いますよねー。

私が実際に行ったのは夕食後すぐだったらちょっと間だけだけど誰も入ってこなかったです。夕食後すぐってねらい目かもしれませんね。

館内には自動販売機もあるから水やジュースとかも買えますよ。

共同のトイレや洗面台は各フロアにあります。意外と洗面所で他のお客さんと顔を合わせることがありませんでした。

共同の洗面台にはペーパータオルもドライヤーもあります。

一乗院の館内図。私が泊まったのは本館の2階の「鈴蘭」の部屋。2階にはWCの文字が書いてないけど、粟前の階段の近くに洗面所とトイレがあります。

高野山一乗院の朝のお勤め

宿坊に宿泊したら是非体験したいのが朝のお勤めの「朝勤行」。

一乗院では6時30分から7時15分まで朝のお勤めがあります。予約とかは必要なく自由に参加できるので気軽に参加してみてくださいね。

朝6時5分ごろに「今から本堂に入れますよー」という館内放送があります。本堂内は椅子が用意されているので足が悪い方でも参加できます。

本堂に入って先ず壁沿いに御本尊の周りを一周します。それから椅子に座って朝のお勤めが始まったら一人ずつご焼香をします。

なかなか経験できない貴重な時間なので、朝早く起きて朝のお勤めに参加してみてくださいね。本堂の天井のお花の絵もなかなかすばらしかったですよ!

高野山一乗院の御朱印

一乗院では御朱印も頂くことができます。

部屋で色々な説明の話しを聞いたあと、「御朱印は集めてますか?」と聞かれたので、そのあとどこにも出かける予定がなかったらそのまま御朱印帳を預けて御朱印を書いていただきました。

御朱印帳はチェックアウトの時に戻ってくるのでその時に料金(300円)もお支払いします。

高野山一乗院のアクセス方法


一乗院へのアクセス方法はケーブルカーの高野山駅からバスに乗って「高野警察前バス停」で降りて徒歩約2分です。

高野山駅から乗るバスは「奥の院行き」「大門行き」どちらのバスに乗っても「高野警察前バス停」で降りることはできます。

まとめ 高野山一乗院は高級料理宿坊だった!

一度は泊まってみたい高野山での宿坊体験。

一乗院は精進料理も美味しいし、トイレなしの部屋でも共同のトイレも洗面所もお風呂も全てがきれいでした。

初めて宿坊に泊まる方にも安心して泊まれるおすすめの宿坊です♪


記事の内容は公開時のもので変更されている場合があります。実際にお出かけ前やサービス利用前には公式サイトで確認お願いします!株式投資や投資信託、金への投資は購入時の価格を下回るリスクがあるので資金管理、リスク管理が大切です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

もしこの記事が気に入っていただけましたら、はてなブックマークやfacebookでシェアしていただけると幸いです。ものすごく励みになります!