抗菌作用の高いおすすめのマヌカハニーMGO400!

もしこの記事が気に入っていただけましたら、はてなブックマークやfacebookでシェアしていただけると幸いです。ものすごく励みになります!

honey01

ニュージーランドに自生しているマヌカの花から採れる濃厚でクリーミーなハチミツ「マヌカハニー」。マヌカハニーには食物メチルグリオキサールMGOがたっぷりはいっていてその芳醇な香りと独特の濃厚な味わいは一度食べたら病みつきになるほど。

また他の蜂蜜と比べて高い抗菌活性があるマヌカハニーは酵素やビタミン、ミネラルを多く含んでいるのでピロリ菌を殺菌する効果があるといわれています。

以前まではマヌカハニーだったらどれも同じだとうとあまり気にはしなかったのですが、ちょっとしたきっかけでマヌカハニーにも色々な種類があるんだということを知りました。

その中でも美容と健康が気になる人におすすめのマヌカハニーMGO400についてご紹介したいと思います。

マヌカハニーの種類

honey01

マヌカハニーには大腸菌の殺菌や免疫力アップなど健康にいいと注目のはちみつですが、それはマヌカハニーに含まれている食物メチルグリオキサールが殺菌成分を含んでいるから。その食物メチルグリオキサールはMGOと表記されその含まれている量によってMGO100やMGO400などがあります。

このMGOが多く含まれているほど殺菌力が強いのでカラダにもいいのですが、その量が多くなるほど収穫量が少なく550mg以上となると全体の1%未満しかありません。

健康改善の為にマヌカハニーを選ぶならMGO100以上がおすすめ。MGO100以上のマヌカハニーは免疫力の向上やピロリ菌などの細菌にも効果があるといわれています。でも今回調べたのはMGO100より上のMGO400。なるべく高いのであればMGO550などが理想的ですが、この辺りになると価格もものすごく高くなります。

同じ250グラムの量でもMGO550+だと10,200円は軽くいくのですが、これがMGO400+になるとだいたい半額の5800円とかなりの差がでてきますね。続けやすいとなると少しリーズナブルな価格から初めてみるのもいいかもしれません。

UMF?MGO?

honey02

UFMはニュージーランドのピーター・モラン博士が発見した数値でユニークマヌカファクターと呼ばれ数値が15+、20+、25+とあがるにつれて殺菌作用が強くなります。MGOはドイツの研究グループが見つけた食物メチルグリオキサールを数値であらわたしたもので100+、250+、400+、550+とありその成分の含有量を表したものがMGOです。

店員さんにUFMとMGOの簡単な違いを聞いてみたらUFMはその殺菌作用の成分が例えば15+なら○~○gはいってますよと少しアバウトな感じでMGOだと100+なら100ちょうどはいってますという表示だそうです。なるほどねー、さすが店員さん!

マヌカーハニー専門店 eマヌカどっとコム

honey03

日本で販売されているマヌカハニーMGOはニュージーランドのマヌカヘルス社製のもの。ニュージーランド政府公認のメーカーの商品で農薬を一切使わない自然製法で育ったマヌカから集められたハチミツを抗生物質を使わずに生産しているので100%純正ピュアハチミツ。

またこちらのブランドのマヌカハニーはMGO550+の商品の取り扱いやMGO250+での初めてマヌカハニーを試す人用の2週間分はじめてセットもあるので安心して注文することができます。

マヌカハニー MGO 400+ (UMF20+相当) 250g:5,800円(税抜)

eマヌカ.COM

マヌカハニーは普通のはちみつのサラサラとした食感と違いネットリとしていてマヌカハニー独特のクセがまた好きな人には好きですね。これで殺菌作用があるなら風邪予防とかにもいいですね。


記事の内容は公開時のもので変更されている場合があります。実際にお出かけ前やサービス利用前には公式サイトで確認お願いします!株式投資や投資信託、金への投資は購入時の価格を下回るリスクがあるので資金管理、リスク管理が大切です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

もしこの記事が気に入っていただけましたら、はてなブックマークやfacebookでシェアしていただけると幸いです。ものすごく励みになります!