岡山の後楽園と岡山城へ行ってきた!アクセスや所要時間もご紹介!

もしこの記事が気に入っていただけましたら、はてなブックマークやfacebookでシェアしていただけると幸いです。ものすごく励みになります!

oka_ko21

6月中旬の梅雨の間のつかの間の晴れの日に岡山県の後楽園へ遊びに行って着ました。

大阪から岡山までは新幹線で約1時間。アクセスも便利なので日帰りでも遊びに行くことができます。でもさすがに新幹線で日帰りは電車代が高いと思うけど、実はこだま指定往復きっぷを使うと往復で7200円で行くことができるんです!これはめっちゃお得です。

こだま指定往復きっぷ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

岡山駅の旬すけで先にランチ!

oka_ko02

新幹線の改札口を出てすぐ目の前にあるさんすて岡山の2階に位置する岡山名物の黄ニラやままかりが楽しめる和食居酒屋「旬すけ」にてランチ。

oka_ko01

黄ニラを食べたことがなかったので黄ニラのそばにしました。青いニラと違い甘みがあって美味しいですね!でもニラそばなのにこれで1030円とは、黄ニラって高いんですね。

旬すけ
岡山県岡山市北区駅元町1−1 さんすて岡山 2F
http://www.shunsuke.co.jp/

岡山後楽園へ路面電車でのアクセス方法

oka_ko03

岡山県で後楽園に行くなら是非路面電車に乗っておきたいところですね!

oka_ko04

駅南すぐに路面電車の駅があり、ここから東山線へ行く電車に掘り、城下駅で降ります。料金は100円。

oka_ko05

1番乗り場の東山線に乗ります、

oka_ko06

この路面電車、たま電車ですね。とってもかわいい♪

oka_ko07

でもこんなヨーロピアンなスタイリッシュでモダンな路面電車もかっこいい!

後楽園の前に岡山城を先に見学

oka_ko08

城下駅を降りて少し進むと公園に到着します。

oka_ko09

目の前を流れるのは旭川。お城の周りのお堀じゃなくて川なんですね。あの橋の右側が岡山城、左側が後楽園です。

oka_ko10

黒くてかっこいいですね。青空とも映えます。岡山城は天守閣の黒漆塗りで外観が黒く、別名「烏城」とも呼ばれています。世界遺産の姫路城はその白さから「白鷺城」と呼ばれていますがその逆ですね。

oka_ko11

oka_ko12

昭和20年の空襲で焼失しましたが昭和41年に再建されたので比較的新しいお城です。

oka_ko13

岡山城
岡山県岡山市北区丸の内2−3−1
岡山城の公式サイトはこちら

いざ、後楽園へ!所要時間はどれくらい?

oka_ko14

岡山城から後楽園を目指します。お城の手前にある橋を渡って後楽園へ行くことができます。

oka_ko15

正門は左手へ、南門は右手へ。

oka_ko16

南門へ向かう途中にはカフェがあってテラス席からは目の前を流れる川を眺めながらゆっくりと過ごしている人が多かったです。

oka_ko17

後楽園南門はいってすぐ。

oka_ko18

広いですねー!芝生がきれいです。

oka_ko19

oka_ko20

oka_ko21

ベストショット。後楽園の池と岡山城を一緒に写真に撮ることが出きます。

oka_ko22

茶屋と茶畑。

oka_ko23

園内には水田もあり、その隣ではハスがキレイに咲いてました。

岡山後楽園にかかった所要時間は約30分。6月の梅雨の季節だったんですけど少し暑かったのでサクッと終わりました。

後楽園
岡山県岡山市北区後楽園1−5
後楽園の公式サイトはこちら

この後楽園の開放感、とってもいいですね。市街地にいるとは思えないほど広々とした空間でのんびりと過ごすことができます。

【関連記事】
関西から電車とバスで行けるおすすめ日帰り旅行14選!
岡山県の倉敷美観地区に観光に行って来ました!
瀬戸内海の離島に宿泊できるおすすめのおしゃれなホテル・宿10選!
直島観光に日帰りで大阪・神戸から遊びに行って来ました!


記事の内容は公開時のもので変更されている場合があります。実際にお出かけ前やサービス利用前には公式サイトで確認お願いします!株式投資や投資信託、金への投資は購入時の価格を下回るリスクがあるので資金管理、リスク管理が大切です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

もしこの記事が気に入っていただけましたら、はてなブックマークやfacebookでシェアしていただけると幸いです。ものすごく励みになります!