大阪から軽井沢へアクセス方法は?新幹線でも安い行き方もご紹介!

もしこの記事が気に入っていただけましたら、はてなブックマークやfacebookでシェアしていただけると幸いです。ものすごく励みになります!

大阪から軽井沢へ電車でのアクセスは東京を経由して新幹線で行く行き方、サンダーバードで金沢まで行って北陸新幹線で行く行き方と、名古屋から中央線を使っての3種類の行き方があります。

①大阪から東京経由で新幹線
②大阪からサンダーバードで金沢経由で新幹線
③名古屋経由で特急と新幹線

また青春18切符や高速バスを使うと格安でもいくことができますよね。

今回は大阪から軽井沢までのアクセス方法で、新幹線や特急電車(サンダーバードやしなの)で行く行き方と料金の比較をご紹介したいと思います。

大阪から軽井沢まで格安にしかも新幹線だけでも行けるチケットもご紹介しているので参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大阪から軽井沢までは新幹線でのアクセスがおすすめ!

大阪から軽井沢まで新幹線でアクセスする方法が一番早くて快適でおすすめです。乗り継ぎ時間がよかったら所要時間は約4時間ほどで行くことができます。

ただ新幹線の料金は指定席で片道合計19570円と結構な金額がしますね。

大阪から軽井沢まで新幹線の往復割引料金は?

新大阪から軽井沢までの乗車券は片道10150円。

距離は699.4kmなので10%の往復割引が適用され、乗車券だけだと往復で18,260円。

新大阪
↓東海道新幹線 のぞみ 2時間33分 指定席:5,900円
東京
↓乗り継ぎ11~12分 北陸新幹線あさま 1時間18分  指定席:3,520円
軽井沢

新大阪から軽井沢まで指定席で往復割引料金だと乗車券18,260円+特急指定券18840円=37100円になります。

新幹線を指定席じゃなく自由席にした場合は乗車券18,260円+特急券自由席15340円=33600円

大阪から軽井沢まで指定席で行くより自由席のほうが往復で3500円お得になります。

夏休みやGWなどの繁忙期以外だと、新大阪から東京までは始発のことが多いから早めに並べば自由席でも席はあるし、東京から軽井沢も東京からは始発だから早く並べば自由席でも大丈夫です。

私が行った8月の週末でも軽井沢から東京行きの新幹線あさま号は自由席もチラホラあきがありました。

夏休みとかの繁忙期は指定席がおすすめですが、そうでなければ自由席でも大丈夫!

大阪から軽井沢へ新幹線で早くて格安に行くにはe5789で購入がお得!

e5489のインターネットで1ヶ月前くらい前か、閑散期に買うと指定特急券が9420円⇒8620円と片道800円、往復1600円安くなります。

片道だと18770円なのですが、往復割引も適用された料金はなんと26880円+帰りの特急券8620円=35500円。

指定席じゃなく自由席の場合は33600円なので、自由席だと窓口で買ってもネットで買っても同じですね。

J-WESTネット会員は無料で利用できるし、自分の手持ちのクレジットカードで決済ができるから便利ですよ♪

JRおでかけネット e5789の詳細はこちら

大阪から軽井沢へ格安でゆっくりだと「ぷらっとこだま」と「お先にトクだ値」もお得!

大阪から軽井沢へ新幹線で格安に行くには新大阪から東京までをぷらっとこだまで行き、東京から軽井沢までをお先にトクだ値で行く行き方です。

新大阪
↓ ぷらっとこだま 10500円 約4時間
東京
↓ トクだ値またはお先にトクだ値 3700円~5490円
軽井沢

枚数限定のトクだ値(10%割引と15%割引)や13日前までに購入すると割引が適用されるお先にトクだ値(30%割引と35%割引)の2種類があり、あさまの乗車券+指定特急券のセット価格が5,490円(繁忙期)~3,700円(閑散期)と最大35%割引きになるお得なチケットです。

お先にトクだ値の詳細はこちら

ぷらっとこだまとトクだ値の割引を上手に使えば、片道14200円~15990円、往復28400円~31980円で大阪から軽井沢まで新幹線でも格安で行くことができます!

デメリットは新大阪から東京間がこだまなのでものすごく時間がかかるという事ですね。

のぞみで行くと新大阪から東京までは約2時間半だけどこだまだと約4時間かかります。

あと繁忙期は10500円→12000円と片道1500円アップするのでぷらっとこだまを使って大阪から軽井沢まで行く場合は通常期に行くほうがいいですね。

ぷらっとこだまの詳細はこちら

ただトクだ値またはお先にトクだ値は激戦区なので予約するのた難しいかもしれませn・・。

大阪から軽井沢まで格安チケットの場合は?

インターネットサイトの格安チケットコムで見た場合、新大阪から東京の料金が13,400円、東京から軽井沢の料金が5,750円と片道合計19150円とちょっと割高になります。

格安チケットの場合乗車券の往復割引がないからちょっと高いですね。

新大阪~東京(のぞみ 普通車指定席)
格安チケットコム料金:13,400円

東京~軽井沢(普通車指定席)
格安チケットコム料金:5,750円

格安チケットコムの詳細はこちら

大阪から軽井沢までサンダーバードと北陸新幹線でのアクセス

大阪から軽井沢までサンダーバードを使って金沢を経由してから北陸新幹線で行くアクセス方法もあります。

サンダーバードを使うので料金は安くいけるけど所要時間が約5時間と新幹線だけで行く場合よりプラス1時間余分にかかります。

あと乗り換えも新幹線だけだと1回でいいところ、北陸新幹線でも乗り換えをしないといけないから2回乗り換える必要があります。

大阪 乗車券 8,960円 所要時間:5時間08分
↓ サンダーバード 特急券 1,550円
金沢
↓ 北陸新幹線 特急券 6,240円
長野
↓ 北陸新幹線
軽井沢

指定席合計金額:往復33500円
e5489合計金額:往復32300円

大阪から軽井沢まで新幹線以外での電車の行き方

新大阪から名古屋までは新幹線で行き、名古屋から中央線を使って行く行き方も時間はかかるけど安くいくことができます。

新大阪 乗車券8,210円
↓ 新幹線のぞみ 特急券2,480円
名古屋
↓ 特急しなの 特急券1,190円
長野
↓ 新幹線あさま 特急券1,840円
軽井沢

往復自由席:27,440円
往復指定席:30,020円

自由席の場合、片道合計料金は13,720円、往復で27440円と大阪から軽井沢まで往復でも3万円以内で行くことができます!

指定席を使う場合は片道料金15,010円、往復で30020円ですね。

青春18きっぷで大阪から軽井沢はいける?

一番安いアクセス方法は新幹線も特急電車も使わない、在来線のみの新快速や快速のみで行く青春18きっぷで行く方法。

その所要時間なんと約9時間~10時間!

青春18きっぷは5回乗り放題で料金11,850円、1回2370円です。期間限定だしものすごく時間がかかるけど、どうしても電車で安く行きたい!って場合は青春18きっぷもいいですね。

新幹線の料金比較をしてみました!

 2018年8月調べ 片道(指定) 往復(指定) 所要時間
みどりの窓口 19,570円 37,110円 約4時間
e5489 18,770円 35,500円 約4時間
ぷらっとこだま
+お先にトクだ値
14200円~15990円 28400円~31980円 約5時間半
格安チケット 19,150円 38,300円 約4時間
サンダーバード 16,750円 32,300円
(e5489)
約5時間
名古屋からしなの号 15,010円 30,020円 約5時間
青春18きっぷ 2370円
(在来線のみ)
4740円
(在来線のみ)
約9時間

調べる日や日数によって料金は微妙に違う場合があるので、実際の料金はJRで確認してくださいね!

まとめ

大阪から軽井沢まで最短時間で行きたい場合は、東京経由の新幹線のみで行くアクセス方法がおすすめです。

その際はe5489でちょっとメンドクサイけど日を変えながら料金を見てると指定特急券が安い日もあるから色々設定を変えながら見てみてくださいね!

時間はあるから安く行きたい!という方は「ぷらっとこだま」や「サンダーバード」を使うのもおすすめです。特にお先にトクだ値がある場合は時間はちょっとかかるけど「ぷらっとこだま」+「お先にトクだ値」で行くのが一番安くいけますね!

【関連記事】
大人の隠れ家的リゾート地、星のや軽井沢でリゾートステイを体験!
軽井沢のプリンスコテージで過ごす夏のリゾートステイ!
軽井沢のオシャレなハルニレテラスでおすすめランチ!


記事の内容は公開時のもので変更されている場合があります。実際にお出かけ前やサービス利用前には公式サイトで確認お願いします!株式投資や投資信託、金への投資は購入時の価格を下回るリスクがあるので資金管理、リスク管理が大切です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

もしこの記事が気に入っていただけましたら、はてなブックマークやfacebookでシェアしていただけると幸いです。ものすごく励みになります!