【竹田城跡旅行プラン】観光モデルコースでおすすめスポットをご紹介!

もしこの記事が気に入っていただけましたら、はてなブックマークやfacebookでシェアしていただけると幸いです。ものすごく励みになります!

竹田城跡旅行プラン

日本のマチュピチュで有名な竹田城跡。

「竹田城跡へ旅行に行くのにいいプランはないかな?」
「竹田城の観光モデルコースを教えてほしい!」

竹田城へ初めて観光に行く時にどんなプランで行ったらいいのかって悩みますよね。

日帰りでも行けるのか、泊まりで行った方がいいのか。

今回は竹田城跡の旅行プランを日帰りと1泊2日の両方でご紹介したいと思います。

ちなみに日帰りプランは電車で、1泊2日プランは車で行く旅行プランです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

竹田城跡旅行プラン【日帰りコース 約6時間】

竹田城跡旅行プランの日帰りコースは約5~6時間でハイキング、ランチ、カフェを楽しむコースです。

基本全部歩きだからちょっとハードかもしれないんですけど、雲海シーズンだったらバスも運行しているので「歩くのしんどい~」という方はバスも上手に使われることをおすすめします。

日帰りコースの観光モデルコースはこんな感じです↓

【10時頃出発】竹田駅から登山(30分~40分)→竹田城跡観光(約40分)→ハイキング(約40分)→山城の郷でランチ→竹田駅方面へハイキング(約1時間)→パンケーキ&コーヒーぽわんでカフェ→【16時頃竹田駅着】

竹田駅からハイキング

竹田駅から竹田城跡へ行かれる場合は、駅裏から出ている「駅裏登山道」を使っていかれると一番早く行くことができるのでおすすめです。

雲海シーズンだと竹田駅からバスも出てるけど、気候がいい季節は裏山から登ると30分ほどあれば登ることができます。ゆっくりのぼっても約40分くらいかな。

途中から眺める景色もいいですよ~♪

竹田城跡観光

竹田城跡は一方通行になっていて入口と出口が別になっていて観光所要時間は約30分~40分。

日中の山頂から見える景色は絶景です!

ベンチもあって絶景独り占めできますよ♪

山城の郷でランチ

竹田城跡を観光した後は竹田駅にすぐ戻ってもいいんですけど、もうちょっとハキングを楽しみたい場合は山城の郷までさらにハイキングしてからランチもおすすめ♪

ただ竹田城跡から山城の郷まで歩いて約40分なので、山城の郷に立ち寄るコースはちょっと体力がいります。

但馬牛の牛カツサンドがいただけます♪

また山城の郷ではお土産も買うことができます。

もし雲海シーズンに竹田駅から雲海バスに乗る場合は、先に山城の郷でランチをしてから歩いて竹田城までハイキングをしてみるのもおすすめです。

雲海シーズンじゃない場合は山城の郷からまた竹田駅方面まで歩いてハイキング。駅への帰りは歩きやすい南登山道から戻るのがおすすめです。

パンケーキ&コーヒーぽわんでカフェ

竹田城跡を観光して帰るまで時間があったら「パンケーキ&コーヒーぽわん」でパンケーキもおすすすめです♪

パンケーキは1枚からでも選べるから「ちょっと小腹が空いたなぁ」って時に特におすすめ。

優しい昔ながらのどこかほっとする味わいのパンケーキ。メープルシロップたっぷりかけて食べると美味しい♪

竹田城跡旅行プラン【1泊2日コース】

竹田城跡旅行プランの1泊2日コースは1日目に竹田城に登って2日目に向かいの山の立雲峡に行くコースです。

1泊2日のコースは車での旅行プランです。

雲海シーズンだと宿泊すると早朝に天気が良ければ雲海も見る事ができますよ~。

竹田城周辺で宿泊するならオシャレな古民家の「竹田城 城下町ホテル EN」がおすすめ♪

1泊2日の観光モデルコースはこんな感じです↓

■1日目
10時頃大阪出発→山城の里でランチ→竹田城跡観光→ホテルへチェックイン→夕食(すしの永楽)→ホテル
■2日目
早朝竹田城跡(又は立雲峡)→ホテルで朝食→竹田城下街散策→立雲峡→パンケーキ&コーヒーぽわんで休憩→帰路

観光モデルコース1日目

竹田城跡観光

1泊2日でゆっくり観光できる時は着いた日にまず竹田城跡へ!山頂から眺める城下町の風景と遠くに見える山々の風景は最高です♪

車で竹田城へ行かれる場合は、山城の郷の駐車場が近いんですけど、バスがなかったら片道40分ほど歩きます。

なので私のおすすめは竹田駅近くの「竹田まちなか観光駐車場」に車を停めて雲海バスがある時期だと雲海バスで、雲海シーズン以外だったらタクシーで行かれることをおすすめします。

というのも山城の郷に車を置くと山城の郷から竹田城までのバスの乗車時間は10分くらいと短いからいいんですけど、竹田城跡から車を置いてる山城の里へのバスは25分かかります。

ただタクシーでも竹田城跡周辺の道は1方通行なので、竹田城跡からもしタクシーを呼んだ場合は「竹田城跡→山城の郷」までタクシー代が約2000円くらいかかります。ちなみに山城の郷から竹田城跡までは650円。

でも時間に余裕がない場合はタクシーがめっちゃ便利です。

すしの永楽

今回宿泊したホテル「竹田城城下町ホテルEN」にチェックインしてちょっと休憩したら夕食は「すしの永楽」へ!

ホテル内のレストランもおすすめなんですけど、和食が食べたい時は「すしの永楽」がおすすめです。

ホテルのスタッフの方も「すしの永楽さんは美味しいですよ!」と言ってた通り、海にそれほど近くないにもかかわらず美味しいお寿司を頂くことができます♪

ホテルからも歩いて近いので和食が食べたい時は「すしの永楽」おすすめです。

竹田城 城下町ホテル EN

竹田城周辺でおすすめのホテルといえば古民家をおしゃれにリノベーションした「竹田城城下町ホテルEN」。

竹田城城下町ホテルENは町屋をおしゃれにリノベーションしたホテルでチェックイン棟からちょっと離れた場所に点在しています。

古民家なんだけど中はおしゃれモダンにリノベーションされててめっちゃいい雰囲気です。

ただ気密性が低いので冬は寒いし外気音がはいってくるのがちょっとウイークポイントだけどそれ以外は完璧でした♪

観光モデルコース2日目

早朝竹田城跡(又は立雲峡)

せっかく竹田城周辺に宿泊したら雲海シーズンだったら早朝登山へ行ってみましょう!

ただ雲海シーズンでも山城の郷の駐車場が使えない時もあるので、竹田駅裏からの登山道で登ることになります。なので懐中電灯とかは必須ですね。

あと期間限定なんですけど4時頃から早朝雲海バスも走ってる日もあるので、雲海シーズンで天気が良い日は是非早朝トライしてみてくださいね。

ちなみに早朝雲海バスは竹田城跡までなので、立雲峡に行く場合は車かタクシーを予約してからいきましょう。竹田駅から立雲峡までのタクシー代は約1000円くらいです。

竹田城下街散策

竹田城といえば城下町の散策もおすすめ♪

竹田城城下町ホテルEN周辺には風情のある街並やお寺や神社があるので参拝してみてください。

特に表米神社からの景色も絶景なので神社にも行ってみてくださいね。

表米神社から見る絶景

また水路には立派な鯉もいるから情報館で鯉のエサを買ってエサあげるのも楽しいですよ♪

立派な鯉がめっちゃいます!エサ持ってなくても近寄ってきて口パクパクしてるからエサあげたくなっちゃいます(笑)

なので「情報館 天空の城」で鯉のエサ50円を購入♪コーンも細かく砕いてあげれますよ。

食いつきがめっちゃいいから楽しい♪

立雲峡

2日目は竹田城がある向かいの山「立雲峡」にも行ってみましょう。

立雲峡には駐車場が20台くらいあるし、道幅も広いほうなので安心していくことができます。

駐車場から展望台までは登山道を歩いて約30分。

結構階段ハードです。

途中にも展望スポットがあるから第一展望台まで行くのがしんどい場合は、15分ほどで行ける第二展望台からでも竹田城の絶景を眺めることができます。

ちなみにこの写真は第三展望台からの眺め↓

ズームレンズがあったらもっと良い感じに見えます。

パンケーキ&コーヒーぽわん

登山で疲れたら甘いものが食べたくなりますよね♪そんな時におすすめのカフェといえば美味しいパンケーキが頂ける「パンケーキ&コーヒーぽわん」。

竹田駅の近くにあるから車でも電車でもどっちでも行けるので是非行ってみてくださいね!

まとめ

竹田城跡旅行プランは日帰りだと竹田城跡ハイキングとランチ&カフェ、1泊2日だと竹田城跡観光と立雲峡の両方にいってみてくださいね。

また雲海シーズンに行かれるゑ場合1泊2日だったら朝4時ごろには起きて雲海を見にいってみてくださいね!

▽こちらもどうぞ
【竹田城御城印の種類と場所】雲海に浮かぶ限定御城印を頂きました♪
竹田城跡と立雲峡どっちがおすすめ?駐車場とアクセス方法もご紹介!
【大阪から竹田城へのアクセス方法】車、電車別に行き方と時間をご紹介!




記事の内容は公開時のもので変更されている場合があります。実際にお出かけ前やサービス利用前には公式サイトで確認お願いします!株式投資や投資信託、金への投資は購入時の価格を下回るリスクがあるので資金管理、リスク管理が大切です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

もしこの記事が気に入っていただけましたら、はてなブックマークやfacebookでシェアしていただけると幸いです。ものすごく励みになります!