【金刀比羅宮を車で登る方法3つの方法】どこまで行ける?無理せず登る方法をご紹介!

もしこの記事が気に入っていただけましたら、はてなブックマークやfacebookでシェアしていただけると幸いです。ものすごく励みになります!

金刀比羅宮 本宮

785段の階段を上らないと行くことができない「こんぴらさん」こと金刀比羅宮。

でも足腰が悪い方やご高齢の方、体力に自信がない方、また車椅子の方が金刀比羅宮に行きたくても「こんぴらさんに上りたいけどあの階段が…」って思って躊躇してしまいますよね。

金刀比羅宮を車で登るには

①社務所で許可書を得る(一般利用は難しい、条件がある)
②神椿の駐車場に車を停める(神椿でカフェや食事をする)
③参拝登山シャトルを利用する(有料&要予約、おすすめ!)

この3つの方法で登ることができます。

なので金刀比羅宮は条件を満たせば車で登ることも可能です。

今回は金刀比羅宮へ車で登る3つの方法をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

金刀比羅宮を車で登る方法 社務所に事前に申請する

こんぴらさんの社務所に事前に通行申請して許可が下りたら、専用通路を通って本宮まで車で登ることができます。

ただ金刀比羅宮の本宮まで車で登るには、条件があるから誰でもOKではありません。

まず、専用通路を通るには、金刀比羅宮の社務所へ参拝の1週間以上前に電話をして「車輌乗入申請書」をFAXしてもらうようにお願いします。

本宮までの専用道路は障がい者手帳がある方が主に利用できるんですけど、障がい者手帳がない場合は、病気などでどうしても階段を登るのが無理な理由を書きます。あと乗入目的は詳細を書くようにしましょう。

また高齢者というだけで許可されるかどうかは電話時の相談が必要です。

で、その内容を社務所の方が審査してOKだったら許可書を発行してもらえます。

ただこの審査は必ず通るものでもないです。というのも結婚式などの神社行事によっては断られることもあるので、早めに社務所に連絡を取られることをおすすめします。

なので金刀比羅宮へ車で登る際には、先ず社務所に連絡をしてくださいね。

こんぴらさんの電話やFAX、メールアドレスはこんぴらさんの公式サイトの「▼メニュー項目」の中にある「その他」から見れます。

こんぴらさんの公式サイトはこちら

こんぴらさんの電話番号とFAX情報も掲載しておきますね。でも公式サイトでも再度番号の確認はしてみてください。

電話(社務所)0877-75-2121
FAX(社務所)0877-75-2125

金刀比羅宮を車で登る方法 神椿でカフェや食事をする

神椿の駐車場

「785段の階段は無理でも300段くらいの階段なら登れるかも」という方におすすめは神椿の駐車場を利用する方法です。

こんぴらさんの階段500段目にあるカフェレストラン「神椿」でカフェや食事をすると、神椿の駐車場が利用できるので、車でかなり上まで上がることができます。

ただこの場合、食事をした後に神椿の駐車場に車を停めたまま参拝しても良いかを事前に確認してみてくださいね。許可が出たら金刀比羅宮の本宮まで残り285段です!

ただ神椿からでも285段の階段や坂道が続くので車椅子での移動は無理です。

足腰に自信のない方やご高齢の方で300段くらいの階段なら登れそうな方は、神椿を利用してから金刀比羅宮へ参拝してみてくださいね。

あと車で神椿まで行かれる場合は、道には十分気をつけてください。必ず神椿専用の道路を使いましょう。もしわかりにくい場合はお店の方に聞いてから行かれるといいですよ。

間違ってもこんぴらさんの参道近くから車で登ろうとしないでくださいね。というのも、ものすごく道が狭いし、車1台やっとの幅の場所もあります…。対向車が来たら焦る場所もあります。

なので神椿へ行く場合は専用の通路を使ってから行くようにしてくださいね。

神椿へ行く駐車場の入口は、国道377号線からうど「大庄屋」工場がある路地を入ります。

坂本竜馬像が見えたら右折して警備室を通ります。

神椿専用道はものすごく細くて1通になってるんですけど、信号みたいなのがあるから待つ場所があるから対向車が来ても大丈夫です。

角々に「神椿」の看板があるので、看板の方角に沿って進みましょう。

ちなみに神椿でカフェや食事をするならタクシーでも行くことができます。

今回私が宿泊した琴平花壇からタクシーで神椿まで行った時のタクシー代は1500円くらいでした。

参道近くからタクシーで行っても2000円以内くらいでいけますよ。

神椿から本宮までの階段はこんな感じです↑

金刀比羅宮を車で登る方法 参拝登山シャトルで大門まで

こんぴらさんの階段365段目までは専用の参拝登山シャトルで行くこともできます。

参拝登山シャトルは予約制の乗り合いバスみたいなので、ワンコイン(正確には510円)で乗れます。

黄色い小型バスが目印です。

乗り場は琴平駅からでも乗れるし、琴参閣や琴平花壇などの旅館からでも乗れるし、参道近くからだと「Kotori」からも乗れるのでめちゃくちゃ便利です。

ただこの場合でも785段中の365段目までなので残り400段は階段を上る必要があります。

残り400段くらい上れそうな体力がある方だとワンコインだから参拝登山シャトルを利用してみるのもおすすめです。

参拝登山シャトルを降りてから大門までにも少し階段があります。

こんぴらさん参拝登山シャトルの詳細はこちら

もし奥社まで行かれるなら、登山とかで膝が痛くなる方は杖もあったほうがいいですよ!

まとめ

金刀比羅宮を車で登るには

①社務所で許可書を得る(一般利用は難しい、条件がある)
②神椿を利用して神椿の駐車場に車を停める(カフェや食事をする)
③参拝登山シャトルを利用する(有料&要予約、おすすめ!)

この3つの方法で登ることができます。

ただ社務所で許可書を取る場合だと、障がい者手帳がない方の場合、許可書をもらうのはちょっと難しい場合もあります。

「300段くらいの階段ならゆっくりでも登れそう!」という場合は神椿でカフェか食事をしてから参拝するのがいいですね!

もっと気軽に金刀比羅宮を車で登るなら「参拝登山シャトル」がおすすめです!

こんぴらさんは階段が本当にきついので足腰に自信がない方、膝に痛みが出そう…と心配な方は神椿でカフェや食事をするか、拝登山シャトルを使ってみてくださいね!

▽こちらもどうぞ
金刀比羅宮の御朱印の受付時間は?笑顔元気くんの御朱印帳がかわいいこんぴらさんへ行って来た!
金刀比羅宮こんぴらさんのうどんでおすすめのこんぴらうどんはシンプルな醤油うどんが絶品!
こんぴらさん観光のモデルコースをマップ付きでご紹介!滞在時間6時間、大阪から日帰りでもいける!




記事の内容は公開時のもので変更されている場合があります。実際にお出かけ前やサービス利用前には公式サイトで確認お願いします!株式投資や投資信託、金への投資は購入時の価格を下回るリスクがあるので資金管理、リスク管理が大切です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

もしこの記事が気に入っていただけましたら、はてなブックマークやfacebookでシェアしていただけると幸いです。ものすごく励みになります!